【書評】『ゼロから“イチ"を生み出せる! がんばらない働き方』 | ライフハッカー[日本版]

29コメント 登録日時:2019-02-12 06:40 | ライフハッカー日本版キャッシュ

過去にも著作をご紹介したことがありますが、『ゼロから“イチ"を生み出せる! がんばらない働き方』(ピョートル・フェリクス・グジバチ著、青春出版社)の著者は、2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経てGoogle(グーグル)で...

Twitterのコメント(29)

わかっていてもなかなか捨てられないんだよね💦

みんなTODOが無くなるのが怖いんだと思う。

ある意味真面目。暇な時間を作るのは悪だと思ってる。

でも、本当はTODOばかりで新しいことしない方が悪だけどね。
家事をアウトソーシングしたい今日この頃。
どんなことがあるだろうか?
極力やりたいことをやる時間を稼ぎたい。
「がんばれ」は、何をアドバイスしていいか、わからないときに言う。
「がんばります」は、どうしていいか、わからないときに言う。

やみくもにやるのではなく、何をやるべきかを考える。
考えれば、がんばらなくてもできます。とくに仕事ではそうです。
仕事を捨てて、早く帰って、考える時間を増やす人は出来る人。
仕事を抱えて、残業して、悩むんでいる人はダメな人。 / (ライフハッカー[日本版])
前も紹介した本ですが、より具体的な内容だったので。
「インパクトの大小」「学びの大小」の2軸のマトリクスに分けて、仕事を分類、と。
確かによくよく考えたら、頑張らないといけないということも、先入観。粛々と成果を求めよう。成果がでないなら、何かを変える。
(ライフハッカー[日本版])
TVなし生活3104日目。『ありがとう』週間2874日目。『元Google人材育成統括部長からのメッセージ「もうがんばらないでください」』


明日もがんばろ!!ありがとう!!楽しもう~!!
これで日本型郎等慣行の一部が是正されればいいんだが。
「もうがんばらないでください」
普通に聞くと恐ろしいけど、
納得でした。
〉僕たち日本人は「がんばる」ことを重視しすぎている

・やらない事を決める
・得意分野に集中する

頑張る事は目的ではないんでしょうね。
not doリストつくってみよう。昔は自分も忙しそうな人がすごいと勘違いしてた時期ある。 元Google人材育成統括部長からのメッセージ「もうがんばらないでください」
To doをこなすのではなく、大事なことに頭を使う時間が必要。とても同意。

必要なのはやらない「勇気」だと思う。サボってるようにみられてもいい、暇そうに見えてもいい、と思える勇気が必要。

でないといくら業務を効率化しても、次の仕事が入ってくるだけ。
not doリスト!実はそれ私じゃなくてもいいじゃない!というタスクを洗い出すことも仕事ですね。

元Google人材育成統括部長からのメッセージ「もうがんばらないでください」|ライフハッカー[日本版]
より大事なのは「not doリスト」

これ、本当にそう思う。

やらなくていいことを整理すれば、やるべきことが見えやすくなる。

元Google人材育成統括部長からのメッセージ「もうがんばらないでください」|ライフハッカー[日本版]
最近がんばるって言いがちだ、はっとした
👉シェア👉 - B!
これは、バーグハンバーグバーグの「がんばるぞ」の理念に反するw
"がんばりさえすれば評価される時代は終わったのだから、「もうがんばらないでください」と。"

>
忍耐、努力はやめよう。
>重要なのは、がんばって手を動かす前に、落ち着いて頭を整理すること。頭に余裕がなければ、新しいアイデアや深い思考はできるはずもありません。

元Google人材育成統括部長からのメッセージ「もうがんばらないでください」
「頑張る」はソリューションではない、か。。
人口減少社会の日本において、人力で頑張ることは得策じゃないですね。頭を使って、効果的に成果をあげる働き方にシフトしていかないと。

頑張るとか頑張らないという軸ではなくて、如何に自分が動かなくても2倍...
読みたい
「ライフハッカー [日本版]」への本日の寄稿は、「元Google人材育成統括部長からのメッセージ『もうがんばらないでください』」
「がんばる」ができるのは決まってることだけ。「何をしたら良いか」は出てこない。
道に迷ってるのに歩き続けるとさらに迷う。なのに「何かしなきゃ」と思っちゃう。…
:lifehacker
以上

記事本文: 【書評】『ゼロから“イチ"を生み出せる! がんばらない働き方』 | ライフハッカー[日本版]

関連記事