TOP > ネタ・話題 > 社内でリモートワークする「1時間リモートワーク」で生産性を高めよう | ライフハッカー[日本版]

社内でリモートワークする「1時間リモートワーク」で生産性を高めよう | ライフハッカー[日本版]

鳴り響く電話、突然話しかけてくる同僚…。オフィスにいると、平穏な時間はなかなか訪れません。しかし、仕事を効率的に終わらせるためには、誰からも邪魔されない時間や空間が必要です。共有のスケジュールにタスクをいれて、話しかけるなオーラを出せばOK...

ツイッターのコメント(14)

会議室に籠もって、1時間リモートワーク。

在宅勤務は心理的なハードルが高いという人も、まずはこれくらいから始めてみては?
よくやる。あとイヤホン /
バッドマルチタスクは集中力を阻害する最大の要因になる。

仕事中に土曜日のオフィス環境を実現しようという話。

1時間リモートワークで自分だけの時間を確保しよう
一度断絶された集中力はなかなか元に戻らないもので、カーネギーメロン大学の調査によれば「いったん気が散ると元の集中力を取り戻すのに25分もかかる」と言われています。
収蔵庫やバックヤードにこもりたくなるからね。

/
これいいな。どんどんやりたい。“1時間リモートワークは、こうした状況でも自分だけの時間を確保する仕事術です。やり方は簡単で、誰もいない場所に移動し、仕事をするだけ” / “社内でリモートワークする「1時間リモートワーク」で生産性…”
「1時間リモートワーク」、確かにありやな。ABWの一種か。オフィスの中か外かってだけで。 /
求められる、話しかけるなオーラ力(違う
モヤモヤしてる時、時々誰もいないパソコン室にこもって黙々と作業したりしてましたね。1時間もすれば達成感でスッキリ。人とも穏やかに接すれます。効率も上がるし一人の時間って結構大切。
いいね! / “ | ライフハッカー[日本版]”
誰からも邪魔されない仕事術「1時間リモートワーク」とは?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR