TOP > ネタ・話題 > 空きスペースは新ビジネスが生まれるところ。店舗探しから始まった「スキマハンター」の仕事とは | ライフハッカー[日本版]

空きスペースは新ビジネスが生まれるところ。店舗探しから始まった「スキマハンター」の仕事とは | ライフハッカー[日本版]

「シェアリングエコノミー」という言葉が注目されています。これは、モノや場所などを「所有」するより「共有」していくという考え方で、カーシェアや民泊など、すでに生活に浸透し始めています。IBMが運営するW...

ツイッターのコメント(10)

ビルの軒先や使っていない駐車場などのオーナーと、そのスペースを借りたい人とをマッチングする
オフィス街のビルの軒先とか、お弁当屋さんとかが借りそうな気がするなぁ。「40歳を目前にした起業。子育て中にお店を持ちたかった女性が始めた、予想外の新ビジネス|ライフハッカー[日本版]」
家や住所を持たない社会というのはこういう所から始まると思う。土地を必要な時だけシェアする発想。
これは、新しい屋台の形か?
お店の空き時間、お店の駐車場、など、短期間、短時間営業を可能にする。
お店を始めたい人にとっても良いかも。
面白いなぁ😊
軒先スキマハンター✨

空きスペースは新ビジネスが生まれるところ。店舗探しから始まった「スキマハンター」の仕事とは | ライフハッカー[日本版]
人口減で町が小さくなるでしょうから、限りあるスペースを最大限に有効活用する有意義なビジネスですね。
40歳を目前にした起業。子育て中にお店を持ちたかった女性が始めた、予想外の新ビジネス (ライフハッカー[日本版])
40歳を目前にした起業。子育て中にお店を持ちたかった女性が始めた、予想外の新ビジネス |
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR