TOP > ネタ・話題 > アメリカでベーシックインカムの検証がスタート。デメリットや財源はどうなるのか? | ライフハッカー[日本版]

アメリカでベーシックインカムの検証がスタート。デメリットや財源はどうなるのか? | ライフハッカー[日本版]

今年の後半、貧困率が25%に達する、カリフォルニア州のストックトン市で、少し変わった実験が行われます。同市は、12~18カ月の間、市民約100人に対して、毎月500ドルの現金を無条件で支給します。実験...

ツイッターのコメント(32)

後者のような給付付き所得税控除なら日本だってできるだろうとは思うけどね。🔗アメリカでベーシックインカムの検証がスタート。デメリットや財源はどうなるのか? | ライフハッカー[日本版]
この実験は去年から計画されてた。
社会保障削っていいから日本でもやってほしい。
結果がないってことは今やってる最中?てか去年の記事か
カリフォルニア州のストックトン市で、少し変わった実験が行われます。同市は、12〜18カ月の間、市民約100人に対して、毎月500ドルの現金を無条件で支給します。
驚きですね 「貧困率が25%に達するカリフォルニア州」「米国の1310万の家庭は「食料不安」の状態」ベーシックインカム導入の記事
アメリカに遅れて日本にも波及している過去
BIは問題点がたくさん挙げられるけど、フィンランドとかアメリカ見たいに実験的に導入してみないと分からない。
この2か国の実験結果がどうなるか…
BIが実現すれば、お金を気にせず働けるので、早くはじめてほしい
むしろアメリカでうまくいきそうなベーシックインカム?
同じBIの話ながら一転するが、アメリカで進んでいるBI構想について。結構真剣。
お!!

日本も早く実験しなよ👶
今年の後半、貧困率が25%に達する、カリフォルニア州のストックトン市で、少し変わった実験が行われます。同市は、12〜18カ月の間、市民約100人に対して、毎月500ドルの現金を無条件で支給します。
日本はアメリカの後追いをしているので、アメリカと日本は似た問題を抱える。

"かつては何十年も同じ企業で働き続けることができて、雇用の安定や年金を享受することができた。しかし現在では、雇用の安定や年金がない派遣労働者が増えている"
米国でベーシックインカム検証
課題と可能性
とりあえずやってから議論しようず( ^ω^) /
日本でも早くやってほしい。
裕福層と貧困層の2極化が進み続けてるし、将来ベーシックインカムは結構な国で導入されるのかもですね。
国民が社会福祉に依存することなく独立国家(小さな経済圏)を各々がつくり、その中で国がベーシックインカムで自立的な国民を支援するという形があったらいいと思うなー。
研究の価値はある。
「子どもの6人に1人が飢えている」「非常に貧しい人びとが、さらに貧しくなっている」本当に困っているひとが助かる仕組み、もっと進むといいなあ。 / “アメリカでベーシックインカムの検証がスタート。デメリットや財源はどうなるのか? …”
“「子どもの貧困撲滅に1ドルを使えば、貧困対策全体の費用を少なくとも7ドル節約できることがわかっている」” / “アメリカでベーシックインカムの検証がスタート。デメリットや財源はどうなるのか? | ライフハッカー[日本版]”
:今年の後半、貧困率が25%に達する、カリフォルニア州のストックトン市で、少し変わった実験が行われます。同市は、…
これやれば、ブラック企業を殲滅する事ができそうだ。 ■
BI賛成◎面白いユーチューバーさんが増えると思う(笑)
すでに貧富の差が拡がりつつあるアメリカでの検証。
とても気になります。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR