TOP > ネタ・話題 > 英語教育が重視される今、ノーベル化学賞受賞者の白川教授が語る日本語教育の重要性 | ライフハッカー[日本版]

英語教育が重視される今、ノーベル化学賞受賞者の白川教授が語る日本語教育の重要性 | ライフハッカー[日本版]

17コメント 登録日時:2017-09-26 18:39 | ライフハッカーキャッシュ

グローバル化が叫ばれる現代、英語教育が小学生から必修になるなど、その広がりは急速に増しているといえます。英語が話せれば、世界の多くの人とコミュニケーションが取れたり、たくさんの文献に触れられたりといいことずくめのように思えます。ところが、実...

ツイッターのコメント(17)

@tamatama2 母語の論理的言語能力、考えを明確に伝える能力が高いことのほうが、はるかに重要です。ノーベル賞の白川先生も仰ってますね。
「英語は大事、しかしまずは日本語をしっかり学んで。
ノーベル賞化学者、白川英樹教授の「言葉」に対する考え方とは」
(ライフハッカー[日本版])

「「母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることが重要」」
白川教授「母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることが重要」

ノーベル賞化学者、白川英樹教授の「言葉」に対する考え方とは
言語を「思考のための道具」と「伝達のための道具」と区別し、前者がなおざりにされているのではないかと指摘する

なるほど。
確かに日本語は思考するための道具としては世界最強なのかも。
これめっちゃ納得。日本語訳されてるなら無理して原本読まなくてもいい、って駿台講師も言ってた。
「母語でしっかり学び、深く核心を突く考えを身に付けることが重要」というのは分かる話なんだけど、それでも小さい頃から自然に英語を話していないと越えられない壁(発音、アクセント、ナチュラルな表現)というのはあると思うんだな。
本当にその通り。もっと日本語で勉強すれば良かったと思う日々
日本語教育こそ重要
__φ( ╹ω╹ ) 。oO(
【ライフハッカー[日本版]】
以上

記事本文: 英語教育が重視される今、ノーベル化学賞受賞者の白川教授が語る日本語教育の重要性 | ライフハッカー[日本版]