人工知能研究の世界的権威が語る「未来」に関するクレイジーな4つの予測 | ライフハッカー[日本版]

34コメント 登録日時:2017-04-01 21:41 | ライフハッカー日本版キャッシュ

最初のアイデアはバッサリ捨ててもいい。"勝つ"ためのアイデアの育て方 送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?...

Twitterのコメント(34)

TVなし生活2453日目。『ありがとう』週間2223日目。『 』

明日もがんばろ!!ありがとう!!楽しもう~!!
むしろ、これを単に「クレイジー」と称することの方に疑問を感じないのだろうか。まあ、最後のは流石に禁忌だと思うけど。やっちゃいけない
こういった予想が大々的に挙げられるくらい未来は近づいてるんだな
人は死ななくなる。そして、仮想現実のキャラクターとなる。人工知能に、本人の写真、動画、音声、手紙、日記、メール、請求書など、パーソナリティの手がかりとなるようなあらゆるデータを与えて、アバターを作れるようになります。
AI関連では似たような話をよく聞く。知りたいのは、いつ頃その未来が来るのかなんだよなぁ / “ | ライフハッカー[日本版]” (13 users)
エイプリルフールじゃないんですよ! /
これの2番目。
"AIの未来"的な記事ってとりあえず夢を語った的な記事が多い気がするけどこれは結構現実的な気がする

| ライフハッカー
期待と不安とが入り交じるなあ>  >創作活動を人間と同じくらいにできる>死者がアバターとして「復活」
「3. キャラクターになりきって物語を体験できるようになる」ってVRだよね //
アバターの話は、ちと怖い /
脳にチップを入れて、それがスマホ代わりになって、様々な言語が話せるようになる。
まだまだ先になりそうやけど、生きてるうちに、できるだけ早く実現してほしいな〜。海外の人と意思疎通できるようになったら...
カーツワイルの予測、かなり 盛り上がってますね。
実際に、クラウドとの接続は イーロン・マスクが実現しそうですし、死者のアバターは、既に SNS がそうであるように、情報量は充分。可能性は一番高そう。
これは面白すぎる。
いい感じにぶっ飛んでなくて、全部リアル。
まずは人工知能を制御出来る様にして欲しい。。。
とても現実的な予想だと思います。

@lifehackerjapan
このクレイジーな予測がめっちゃ面白い!
死者がアバターになって復活する
ある意味永遠に生き続ける事になるのか
仮想世界の体験がリアルすぎて残ってしまうって、これ心の病の治療とかに使えそうじゃないですか? /
自分が方向転換するのも、②が原因だったりします。
時代が来てる。
この4つは、どれも実現できそうだ。
クラウドに接続は言語以外にも知識の共有などで、他分野で活躍できそう。

1. 人工知能が人間と同等、あるいはそれ以上の「アートを創造」できるようになる
2. 人...
死者復活の件はどうかとは思ったけど、凄い未来だ。 /

「人間はクラウドに接続することで高い言語スキルを獲得する」「死者がアバターとして復活する」は興味深いな
どれも現実的な気がするけどな。もう技術と構想はあるわけだし。
「人間がクラウドに接続」はイーロンマスク氏も「neural lace」構想を発表してますね★|
未来学者で、Googleの技術部門ディレクターでもあるレイ・カーツワイル氏は、これまでたくさんの未来予測を行い、その多くが現実となっているとの事。
1の「人工知能が人間と同等、あるいはそれ以上の「アートを創造」できるようになる」はもう一部実現されていますよね。オリジナリティという点では劣るものの、それも時間の問題でしょうね。 / 人工知能研究の世界...
人工知能の未来
1. 人間と同等、あるいはそれ以上の「アートを創造」できるように
2. 人間は「クラウドに接続」することで高い言語スキルを獲得
3. キャラクターになりきって物語を体験できるように
4. 死者がアバターとして「復活」
以上

記事本文: 人工知能研究の世界的権威が語る「未来」に関するクレイジーな4つの予測 | ライフハッカー[日本版]

関連記事