TOP > ネタ・話題 > 選択肢が多すぎると幸福感を損なうことがわかった件 | ライフハッカー[日本版]

選択肢が多すぎると幸福感を損なうことがわかった件 | ライフハッカー[日本版]

自分の役割を用意すれば安心。内向的な人が屋外パーティーを楽しく過ごすための処世術...

ツイッターのコメント(31)

モノづくりは好きなんだが、正直生産されても無駄なものって大量にあるんだろうな。
試行錯誤によって良いモノが生まれるのかも知れんが。
選択肢が多いと・・・
なんか好きな文章だった。
だいぶ古い記事だけど重要なトピックだと。色んな話にしっくりくる
ジョブズもいつも同じ服でした。つまらない選択肢はなくしてもっと重要なことに意思決定するチカラを残すことが大切なんですね。つまらない選択肢が多いと不幸になってしまう.....。
選択肢の少ないイタリアの生活のほうが私は好きだったし、選択肢の多い日本の生活にはいまだ慣れない。
マラソンエントリー数が多すぎると落選通知もその分届き、幸福感は下がる。当選したことよりも落選した時の幸福感の下り幅の方が大きいように思う。/選択肢が多すぎると幸福感を失う
せ、選択肢は少ない方がいいんだ・・・
「自分のした選択に満足する」これ大事。すっげぇ大事。
確かに自由はつらいよね。それでも自分は自由を選ぶけど。
『いつもと同じ行動をする』ってのはいつか来る大きな選択肢に向けてのチャージと考えればいいね。
これ近いこと考えたことあって、宗教が必要な理由のひとつがこれなんじゃないかと。こーなったらこーしなさい的な。
アズユーライクなら現金をあげた方が良いのか。下さい。 /
- 11時間前
Pick The Brain:心理学教授のBarry Schwartz氏は、選択肢が無限にあると、思考が
人間は選んだ選択肢を不幸と感じ、選ばなかった選択肢に希望を見出す。
なるほどねぇ。
”上司が同じシャツを毎日着ていたのには理由があったということです。毎日の細かい選択を最小限にすることで、より大きな決断をするときに必要な集中力が得られるのです” / “ | ライフハ…”
「自分はこの道しかない」という人は迷いが無い。「本当の自分は別にある」という人ほど病む。ブラック企業で仕事ジャンキーの人は病まない。「辞めたい」と「続けた方がいい」のはざまで迷う人は病む悲しい現実。 / “選択肢が多すぎると幸福感…”
これは分かる。だからボドゲも特殊カードとか買わずに最小で勝ちに行くスタイルが多いかもしれない。基本動作しか出来ないから選択肢少なくてすむ。
これは最近とても気をつけていること。大事な選択をするためのエネルギーは、限られている。【選択肢が多すぎると幸福感を損なうことがわかった件|ライフハッカー】
同じデザインのシャツにしなくても、FIFOをクローゼットに取り入れると服を選ぶ手間がなくなるよ。
こんな事は当たり前。それでも、人は豊かさを知ると後戻りは出来ない。 /
気持ちの良いものばかりを追い求めていると、大きな変化は起こらないようです。
選択肢 ・・・・
ボドゲ作る時、いつも心がけてる。
ちょっと考えてみたい-
「憧れるのは実行するより簡単」そうだね。
以上
 

いま話題のニュース

PR