TOP > ネタ・話題 > スティーブ・ジョブズの驚くべき43の事実 | ライフハッカー[日本版]

スティーブ・ジョブズの驚くべき43の事実 | ライフハッカー[日本版]

起床後1時間の過ごし方でその日の調子が決まる!朝の時間を有意義にするための5つの方法 優れたリーダーに学歴は関係ない。Googleが自社社員をデータ分析して得られた意外な知見 ...

ツイッターのコメント(23)

あーこれだ。これの18
番目です(子どもを当初認知拒否)
どれだけ大きくなっても尊敬の念は忘れてはいけない。

"ティム・クックは2014年のインタビューで、ジョブズのメインオフィスとネームプレートが、2011年のジョブズの死去以来、そのままになっていることを明かした。"
43番目スティーブ・ジョブズの日。 「2011年10月16日の日曜日は「の日」である、とカリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は宣言した」
ジョブズも養子だった。

そして最も興味深いのが→「ジョブズはインドを7ヶ月の間旅をし、サイケデリック・ドラッグを試したり、禅の修行を行ったりした。」

ここ何があった
ジョブズはアタリ社で働いているとき、あまりに不潔だという理由で夜間勤務に移動させられたことがある。ジョブズはめったにシャワーを浴びず、社内を裸足で歩きまわっていた。

【ちなみにこの箱も風呂入れない時期があったからな】
スティーブ・ジョブズについて調べてたら、今日はスティーブ・ジョブズの日らしい。(命日は10月5日) / “ | ライフハッカー[日本版]”
ジョブズ先生は大学を中退したそうです。
ベジタリアンでお肉は一切食べなかったそうです。

驚きでいっぱいです。
"認知は拒否していたとはいえ、生まれたとき、新しいコンピュータに「Apple Lisa」という名前をつけた。(ジョブズ自身は、Local Integrated Software Architectureの頭文字をとったのだと主張)"
今さらだけど56歳って本当に若い。
喫煙はしてなかっただろうし、動物性食品が良くないとして、低体温ががんの素因になるならベジタリアンも身体に悪いのでは?最初は医療を拒否して進行してから治療っていうのが川島なお美さんと共通してるよ…。
スティーブジョブズ
ジョブズはペスクタリアンだった。すなわち、魚以外の肉は決して食べなかった。
テレビで東大生の尊敬する人一位がジョブズだったときの、え? 本気で? ってなったのこの記事のせい。
「ジョブズはよく、障害者用のスペースに駐車していた」
ビックリするほどの変人だ。
この人の人生そのものが型にハマって無いから記事読んでても面白い/
よく集めたね。
ライフハッカーの「スティーブ・ジョブズの驚くべき43の事実」の「4. ウォズとは高校で出会っ」は間違い。ウォズによれば年の差もあり学校で一緒になったことはなかった。共通の友人ビル・フェルナンデスの家の前で会ったという
ジョブズの略歴的な感じ。
僕は信仰者じゃないけど、とても興味深い…
@lifehackerjapan
こんなことでライフハックにはならない。
知ってることが殆どやな: -
1個だけしらないのあった。
『 | ライフハッカー[日本版]』
頭おかしい
以上
 

いま話題のニュース

PR