TOP > ネタ・話題 > 厚労省のコロナ感染者接触確認アプリを使ってみた - More Access! More Fun

厚労省のコロナ感染者接触確認アプリを使ってみた - More Access! More Fun

わたしが主催しています「21世紀を生き残るための「永江 虎の穴塾」では、6月からの塾生を募集しています。コロナ禍の間、希望者は毎月30分。わたしと1:1でzoomでブレストができます。ひとりずつ丁寧に...

ツイッターのコメント(13)

DL数よりも、感染率の高い高齢者やホスト、キャバ嬢がDLさせて陽性申告しないとな。。しばらく様子見。
ああ、お役所アプリだったか。
まあ、IT担当大臣があれだからね...
永江一石さんのご指摘を拝読するまでもなく、このアプリはスルー確定。
逆に言うと、UIはもはや生命線だと言うこと。
こういう残念な仕事を見るたびに国税を値切りたくなるし、小さい政府志向がますます強くなる。
発注だけしてまともなチェックしてない(できない)のでしょうね。

総務省のマイナンバー使った申請システムも自治体から拒否されるし、自治体の税を中心とした共通システム作ろうとしてるみたいだけど不安。
すれ違い通信とかやってるゲーム作っている会社と提携とかしないんかなって言ってたら同じこといってた()
“UIをゴリッゴリに研究してるソシャゲのメーカーさんと共同で開発するとか、そういう脳みそはないんか。”
@Isseki3
自分も入れてみた。とりあえず感染者と濃厚接触なったら連絡入るんでしょ?
的な気持ちで入れました。
永江さんのレポートを読んでDLは思い止まりました。
>登録には保健所から発行される「処理番号」が必要な模様
既にきな臭い。
たぶん使われないで終わりそうな予感
良くも悪くも真面目すぎる印象。俗に言うクソ真面目。LINEとかのミニアプリに潜ませたり、ONにしたらGO TOキャンペーンで割引受けれたりしたら使う人が増えそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR