TOP > ネタ・話題 > 社員のリモートワークといっても2種類あるから、違法状態にならないようにしようね - More Access! More Fun

社員のリモートワークといっても2種類あるから、違法状態にならないようにしようね - More Access! More Fun

明日はメルマガとnoteの日。noteは単体だと110円ですが年間のマガジンだと4054円なのでかなりお得になります。マガジンがオススメです。w  1 プロテイン大福の値決めとマーケティングの施策につ...

ツイッターのコメント(14)

そもそもリモートワークの体制を構築していない状態で明日からリモートワークねというようにはいかないのですね。

自分はプライベートワークしてしまい本業をサボってしまいそう。
👇
これも良記事。リモートワークと二毛作は備えてたほうが良いです。
他社は他社。自社は自社。を大前提で、適切な就労環境やルールを整えたり、提案するのが労務のお仕事。
コロナで進み始めたテレワークないしリモートワーク。

少し逸れるけど、裁量労働制は職種が限定されているの初めて知った

- More Access! More Fun
>そして士業資格者です。
なんで制限するかというと、非常に専門的で高度な職種のため、「自分で自分のキャパがはっきりわかる」からです

ここに社労士が入っていないのは業界で有名な話
(中小企業診断士は入っています
「獅子身中の虫」ではないけど、敵は社内にあり!に納得。
週4勤務が通常で、仕事できる人&時間給の人のみ週5勤務開放で良いと思う。MSの週4勤務終了は悲しいお知らせ。
『社員のリモートワークといっても2種類あるから、違法状態にならないようにしようね』 そりゃ、無理な会社が多いわな。
なるほどね
フリーランスになったとき、このあたり初めて知った。確かにあまり知られていない印象。
夏のオリンピックに向けて準備している所も多いかもですが、今回の騒ぎで急に「やるぞ!」って言ってもなかなか難しいですよね。
確かに確かに。
仕組みが整備されているか、がポイント。
タイムリー!そして仕事が好きだと家族には「ブラック」と言われる罠、本人はこんなに楽しんでるのに(笑)。
簡単にまとめましたけど知らないでブログ書いてるヤツとか多すぎ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR