今後の京都大学オープンコースウェアについて | 京都大学

 京都大学オープンコースウェア(OCW)では、本学で行っている授業や公開講座、国際シンポジウムなどの動画等を広く公開し、...

ツイッターのコメント(36)

全然知らんかったけどめでたいな
いまごろ「全学的検討を始めたところです」とのことだが,理事たちが全学的検討も何もなしに天下りで「廃止する」と言い出しておいて,批判が高まったらこうだから…
≪このOCWは、全学的な事業として、これまで高等教育研究開発推進センターにおいて運用してきましたが、同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています。≫
> このOCWは、全学的な事業として、これまで高等教育研究開発推進センターにおいて運用してきましたが、同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています。
2022/9/16付け。«高等教育研究開発推進センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持…より質の高いものとして系統的かつ積極的に発信»|
コンテンツ廃止は免れた模様。ちょっとうれしい。
"このたび、OCWをより質の高いものとして系統的かつ積極的に発信していくため、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置し、年内に結論を出すことを目指して全学的検討を始めたところです"→
・・・そしてこのたび、OCWをより質の高いものとして系統的かつ積極的に発信していくため、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置し、年内に結論を出すことを目指して全学的検討を始めたところです。(令和4年9月16日、京都大学)
京都大学OCWで動きがありました。
TFが立ち上がってる。出来れば、残して欲しいなぁ。国内大学で拠点が無くなるのはもったいない。
公開されたら見てみたい

大学なのでどのページからも寄付のリンクはあるから感謝の気持ちがあればそこから寄付、ということになるのかな
すばらしきはんだん。:)
「このOCWは、全学的な事業として、これまで高等教育研究開発推進センターにおいて運用してきましたが、同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています。」
検討しただけにならないことを祈るのみ。
オープンコースウェアの存続が決定しましたね!!
オープンコースウェアが増強じゃなくて停止になりかけたこと自体凄くありえないことだったと思いました。
> - 良かった。
京大OCWを「より質の高いものとして系統的かつ積極的に発信していく」ためのタスクフォースが設置されました。理事や機構長らが委員になられるそうで、執行部としてOCWに取り組んでいただけるということのようです。本気でやるならその下に実働部隊が必要かと思いますが。
おおお!『同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています』:
《OCWをより質の高いものとして系統的かつ積極的に発信していくため、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置し、年内に結論を出すことを目指して全学的検討を始めた》
〈これまで高等教育研究開発推進センターにおいて運用してきましたが、同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています。〉 ひとまず良かった。
指摘・批判を受け、再検討してみます、ということですかね。
若干風向き変わったんだろうか>
コンテンツ10月以降も残るらしい
おー。よかった
望ましい豹変ではありますが、どういう材料で一旦は廃止と決め、どういう材料が追加されて方向がくるり変わったのかは興味がつきません。アクセス数などをインパクト指標として判断していたというなら、残念ながら理屈としてはわかる。
「このOCWは、全学的な事業として、これまで高等教育研究開発推進センターにおいて運用してきましたが、同センター廃止後の本年10月以降も、公開されてきたコンテンツは維持することとしています。」
京都大学のオープンコースウェア、とりあえずコンテンツを維持してもらえるみたいで安心^^しかし、環境の再構築とは、はてさて。
同センター廃止後の本年10月以降も公開されてきたコンテンツは維持、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置し年内に結論を出すことを目指し全学的検討を始めた、と。→
高等教育研究センター含めて廃止しなければいい話だったのでは
以上
 
PR
PR