TOP > 社会 > 謎の巨大構造物載せた教会が解体へ デザインに込められた意図は : 京都新聞

謎の巨大構造物載せた教会が解体へ デザインに込められた意図は : 京都新聞

10コメント 登録日時:2019-04-20 19:39 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(10)

4月中旬に閉鎖された金光教の旧烏丸教会。「金」の字をあしらった紋章や左右非対称のデザインも印象的だが、とりわけ目を引くのが屋上に載った巨大なコンクリートの構造物だ。
あああああああ!
先週無理してでも見ておけばよかった……(号泣)
京都新聞本社の、向かい?→
ワンダーJAPANに掲載されていた「金光教烏丸教会」が解体される。
ま た ホ テ ル か
(跡地の話)

 デザインに込められた意図は(京都新聞)
懲りたとは言わないのか。「烏丸教会は仮移転先を経て、12月に現在地から少し西側に新築される3階建てビルに移る。どんな建物ですかと高橋副教会長に聞くと、「次はシンプルなデザインです」」 ( : 京都新聞)
謎の巨大構造物載せた宗教施設が解体へ デザインに込めた意図は 金光教のあの建物なくなんのか
巨大な構造物載せた宗教施設が解体へ デザインに込めた意図とは エーッ!あの金光教の建物壊しちゃうのかあ、、商工会議所もだし、もう烏丸丸太町なんもおもしろくないよォ
烏丸夷川の金光教のビル解体か…で 跡地はホテル → 巨大な構造物載せた宗教施設が解体へ デザインに込めた意図とは
以上

記事本文: 謎の巨大構造物載せた教会が解体へ デザインに込められた意図は : 京都新聞

関連記事