TOP > 社会 > 社説:大阪「ダブル選」 住民不在の奇策またも : 京都新聞

社説:大阪「ダブル選」 住民不在の奇策またも : 京都新聞

16コメント 登録日時:2019-03-07 12:28 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(16)

時間の無駄、カネの無駄。> : 京都新聞
ほんま京都新聞、ごもっとも。
簡単にうちらの税金使うな!
大阪都構想、前に否決なったやんw
市民の声聞くってやった結果が否決やったのに
また同じことしてどうしたいんやろ。
嫌いとかそうゆう前に
素直になにがしたいのか、わからん。
まさにこれだ。
大阪都構想は2015年の住民投票で否決。改めて実現させたいなら、この時以上に、必要性やメリットを粘り強く府市民や議会に説く作業が必要だ。選挙で一気に決着させようというなら、住民不在と批判されても
「大阪都構想は2015年の住民投票で否決されている。改めて実現させたいなら、この時以上に、必要性やメリットを粘り強く府市民や議会に説く作業が必要だ」 / “ : 京都新聞”
選挙の役割を、あまりに軽く考えてはいないだろうか。

そうだよね。彼らにとっては、アンケート程度なんだろね
「政党も政策も同じだからポストを代わっても構わないと考えているなら、知事・市長の存在意義を自ら軽んじているようなものだ」
すべてが軽薄だ。

 住民不在の奇策またも(京都新聞)
もう一回読んでみた。
出直し選以下の党利党略が入れ替え選
決着すらしない…🌻


"大阪都構想は2015年の住民投票で否決…改めて実現させたいなら、この時以上に、必要性やメリットを粘り強く府市民や議会に説く作業が必要だ。それを飛び越え、選挙で一気に決着させようというなら…"
京都新聞は、ダブル選に対して明確に批判している。維新に忖度したがる在版メディアはそんなことは決して書かないので、大阪府民・市民はいつまでも騙されたまま。/
京都新聞、説得力あります。
住民そっちのけで人の税金を浪費する連中だ。もう終わりにしよう。“ 住民不在の奇策またも”
その「選挙」で票を投じ首長を選ぶのは誰だ?

「住民」だよ、京都新聞。
京都新聞、クロス選挙を批判。極めて全うな社説です。大阪のメディアは遠慮気味なので、大阪以外から発信してください。
住民不在の奇策またも(京都新聞)
民主国家である以上、公明が維新との同意破棄である以上〜選挙は選択肢の一つ!大阪で維新にかわるまともな政党は皆無である現状である。維新になり大阪の財政はかなり改善された。IR,万博も大阪維新有りきだ!
”政党も政策も同じだからポストを代わっても構わないと考えているなら、知事・市長の存在意義を自ら軽んじているようなものだ。”
以上

記事本文: 社説:大阪「ダブル選」 住民不在の奇策またも : 京都新聞

関連記事