TOP > 社会 > 借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞

借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞

30コメント 登録日時:2019-03-04 22:38 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(30)

「業者は、アルバイトで年間180万円稼げ、卒業後は日本での進学、就職も可能と説明したが、とても借金返済分と学費は稼げず、食事すらままならない」
比較で京都新聞発信の記事です。こちらには「ブータン政府公認のブローカーにだまされた」とちゃんと書いてあります。
ブータン労働人材省の認可を受けた留学仲介業者工社の派遣事業が悪いよね。
『日本だと働いてすぐ返せる』って嘘ついて借金させて。
ブータンは日本留学する学生さんに借金の有無調査して、入国前に悪徳業者を取り締まって欲しい。
一義的に「幸せの国」に訴えるべきでは。
この話、しっかりフォローしたい。
【 ブータン留学生家族ら窮状訴え】
日本が保護する問題ではない。ブータン国内法の下で騙されたのだから、ブータン大使館と協議するか、帰国して訴えてくれ。
日本は嘗て、留学生を日本政府が救済した!
ブータン政府が出すか!日本政府に担保を出して借りるのが道理では無かろうか!
外国人を労働者として受け入れるエセ学校が放置されてるのが問題。
なんで留学生の労働を厳しく制限しないのか・・・。
よりによって、幸せの国のブータン政府系金融機関が借金を負わせているのか!もうなにも信用できたもんじゃない。
同事業の日本での受け入れ団体だった福島県内の一般社団法人は京都新聞社の取材に対し、「学費未払いは留学生の3分の1ほど。就労や専門学校への進学などの支援を続けている。ブータンでどのように事前説明していたかは分からない」としている
被害者の会は、2月22日に日本政府に留学生への就労支援を要請した。
んー?これ両者の見解でてないからなんとも言えないけど、一方的に日本が悪いだけではないような
ブータンの人材ビジネスも大変な事に。
 
「ブータン労働人材省の認可を受けた留学仲介業者1社の派遣事業」らしいから、そこが諸悪の根源だろう。
気の毒なのは、変なのを掴まされたブータン政府と、何より騙されたブータン人。
制度設計はやっぱり大事だ。
幸せの国じゃなかったっけ⁉️
同事業の日本での受け入れ団体だった福島県内の一般社団法人「学費未払いは留学生の3分の1ほど。就労や専門学校への進学などの支援を続けている。ブータンでどのように事前説明していたかは分からない」
うちの会社としてできること、きっと何かあるはず。
完璧にブータン国内問題。帰国するしかない
ブータン国内の業者の後始末なんだから、ブータンの政府が支援しろよ。
何で日本に支援を要請?意味不明。
騙されたのなら裁判で借金無効にしてもらって母国にお帰りになったら?
ブータン人留学生問題を地方紙が取り上げ始めました。このとんでもない制度を紙面で評価していた朝日新聞も自らの非を認めたらどうなのか。そしてブータン側に協力し、制度を認めた外務省には留学生の救済に乗り出してもらいたい。 -
ブータン政府ぐるみじゃん

留学生の多くはブータンの大卒者の年収3年分以上に相当する約120万円を同国の政府系金融機関から借りているという。
「ブータンは親日」とかいって騒いでたんじゃないのか〉
自国に帰って訴えてください。お金のない人は留学できないんです。/
留学生の家族らが4日、兵庫県庁(神戸市)で記者会見した。1人当たり約120万円の借金を背負い、被害は約700人に上るという。
ブータン人留学生の問題について
ブータンは好きだけどこれは別問題。騙したのは自国の人間なんだから日本にすがらないで。
冷たい言い方かもしれませんが、ブータンは日本への留学を国策としていた!ブータンの国策の失敗を、日本人の血税で補償するいわれはない!自国に帰り自国と交渉してください!
幸せの国が闇の国と化してるね。
基本的には祖国で解決して頂きたい問題だけど。優秀な学生さんなら奨学金と言う手もあるのでは?語学&就労目的の留学()ならそれはビジネスリスクと言う気もするけど。>
以上

記事本文: 借金で「食事すらままならない」 ブータン留学生家族ら窮状訴え : 京都新聞

関連記事