TOP > 社会 > 京都新聞 > 京都市最古級の町...

京都市最古級の町家が解体消失 室町起源、保全強化も奏功せず : 京都新聞

39コメント 登録日時:2018-11-27 10:06 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(39)

永野さんが日記で書いてる「すっごい大きなお屋敷」はたぶんこれ。
ノートルダム大聖堂の火災が話題になっている。
日本では例えば"室町時代にまで起源をさかのぼれ、専門家が重要文化財級と評価していた京都市内最古級の町家"が解体されるなど問題が起こっているので、我が国の歴史的建造物保存について皆で考えることに繋がればいいな。
ノートルダムの火災はもちろん悲しいですけど、日本は約700年前の家屋を壊して更地にしてる国なのよねー お金が無いってすごいなー / : 京都新聞
日本でも文化大革命が進行中

(´・ω・`)。
最早、日本には、このような文化財を維持していく経済力が無いのですなあ・・・
→2018年11月27日京都新聞:
@kabutociti こんな所にオランダやらの結構お金かかった偽物作ってもインバウンドも大して来ないやろうに
京都のこんなんやらタダで持って来てもう殆ど無い京町屋の街並み再現した方がよっぽど? 国内旅行で人気の金沢だって実際は結構狭いんだし
 室町起源
京都の税金って観光地優先商売より、土地を守ることに使わないのかしら?
まあ維持なり、お金なりで問題はいろいろあった結果と思うが。こういうのにお金をかけず、新しいものを作る。うむ。ネオ京都になりそうだ。古来の建物よりニュー建物。
正当な金額が出せないんだろうね。口を出します、金は出さんじゃね〜。ヨーロッパみたいに、口も出します、金も出しますにしなきゃね。
親戚の家にも町家があるので、川井家の件は他人事じゃない。頼まれて役所の話を聞きにいったりもしたのだが、「残したいし口は出すが金は出さない、制度もいじりたくない」的な、後ろ向きと取られても仕方ないような対応が多くてな...
11月27日記事。京都新聞: 「室町時代にまで起源をさかのぼれ、専門家が重要文化財級と評価していた京都市内最古級の町家『川井家住宅』…町家解体を防ぐ施策を強化してきたにも関わらず…消失を止められなかった」
京都の町家の件は本当に残念過ぎる。
町屋は京都の町にあってこそなのかもしれないけど…せめて移築は出来なかったのかなぁ。
古い建物は未来の人の為にも残しておきたいと思うのよ(´ω`)
業者側は市のマッチング制度を通して保存活用に取り組む別業者への土地建物の転売を検討したり市に建物の移築を持ちかけたりしたが価格などの条件面で折り合わず不調に終わった、と。→
ビルの高さ規制とか看板規制とかピントのずれたことばかりしてきた京都市らしい
本質的にもっと守っていかなあかんものがあるやろ
業者の名前を公開しろ>
京都でもこんなことが・・・
なんてこと…
きちんと調査も難しかったか… / “20181127000023” #■京都
京都は素晴らしい場所なのだが、市内に景観を大きく崩すパチンコ屋の建設を許したりと自治体がそれを十分に理解していないのではないかと思わされる。これもまた一例。
今一度自分たちが過去の遺産で食べさせてもらっていることを自覚してはいかがか。
 最古級の町家が解体
“同家住宅は木造平屋建てで、洛西から丹波に多い農家型住宅の特徴を持ち、応仁元(1467)年に建てられたとの伝承”
スケールが大きゅうおますな
川井家は上京区の北野天満宮に仕えた「西京神人(にしのきょうじにん)」の子孫とされ、中世の文書にも名前が出てくる。同家住宅は木造平屋建てで、
禁門の変で洛中ことごとく焼けたので、ここまで古いのは貴重だったのに
「 室町起源、保全強化も奏功せず」
文化レベル。。。
室町時代の町家、見たかったなぁ…
非常に残念。しかしこれは京都やから話題になるんであって、他の地域やと話題にもならず現在進行形で行われてることやろう
保存事業はフネも建物もその費用をどうするかが、課題ですし、こうやって予算で折り合えないのが我が国の現状ですかなあ。
誰が悪いとかよく分からないけど、京都の価値って何かって考えたら、壊すって結論につながったのが不思議で仕方ない。▷▷
ひどい。こんなの防げないなんてどんな国だ!・・・
失われるのはあっという間。/
「圧倒的な建物の古さをはじめとして、重文指定に足る建物だった」ふむ。 /
| 金額面で折り合いつかなきゃ、そりゃダメだなぁ…。
私が解体業者だったらきっと仕事下りてしまったかも…とても無理だ。
クラウドファンディングとか…なんとかできなかったか…お金持ちはいるのになぁ。
応仁の乱を生き延びたという噂がある建てものだったのに・・・
売る人がいるから、買う人がいる|
これは本当に残念なニュース。
『業者側は、町家解体を防ぐ目的で市が導入したマッチング制度を通して、保存活用に取り組む別業者への土地建物の転売を検討したり、市に建物の移築を持ちかけたりしたが、価格などの条件面で折り合わず、不調に終わった。』
こういうの聞くと、京都の価値って何だろうねと思うのね。
自分、お金が出せないからどうにもできない(T_T)
川井家「が継承してきた中近世の資料群は京都府立京都学・歴彩館(左京区)に寄贈される方向」 /
京都市が行動するのがおそすぎる /
こうやって、どこにでもある街並になっていき街の魅力が失われていく。。。
京都市内の街並みってお世辞にも良いとはいえない。
四条の通りをみても建築に統一感ないしね。
以上

記事本文: 京都市最古級の町家が解体消失 室町起源、保全強化も奏功せず : 京都新聞