TOP > 社会 > 安倍晴明の子孫の墓ピンチ 京都、連絡取れず寺が供養 : 京都新聞

安倍晴明の子孫の墓ピンチ 京都、連絡取れず寺が供養 : 京都新聞

23コメント 登録日時:2017-02-11 22:45 | 京都新聞キャッシュ

ひびも入り、傷みが激しくなっている土御門家の墓石について話す太田俊明副住職(京都市下京区・梅林寺の) 平安時代の陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明の直系子孫である土御門家の菩提(ぼだい)寺・梅林寺(京都市下京区)で、一族の墓が長年の劣化で崩壊しそうな状態になっている。半世紀近く子孫の消息が不明になっているためで、寺側は対応に苦慮しつつも、千年以上にわたって天文や暦法をつかさどった一族の供養を続けている...

Twitterのコメント(23)

多くの安倍晴明の子孫を名乗り商売をしている人が居るんだから、その人達が…(ry
ってか、しっかりお金出して直した人こそ、本物の子孫なんだろうなという見極め方。
算哲さまの名が・・・
【 京都、連絡取れず寺が供養】
名家なら系譜はっきりしてそうだから比較的分かりやすそうなのに大変だなぁ
平安時代の陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明の直系子孫である土御門家の菩提寺・梅林寺で、一族の墓が長年の劣化で崩壊しそうな状態になっている。半世紀近く子孫の消息が不明になっているためで
子孫がいたことにもびっくりだが、(たぶん名家と思われる)子孫の消息が不明というのもまたびっくりだわ>>
京都、連絡取れず寺が供養(京都新聞2/11) 「土御門家の菩提寺・梅林寺(京都市下京区)で、一族の墓が長年の劣化で崩壊しそうな状態になっている。半世紀近く子孫の消息が不明になっているためで寺側は対応に苦慮」
- 京都新聞
>数年前、土御門家に仕えていた先祖を持つ人が墓参に来たが、子孫の消息は分からなかった
OH……
何重もの意味で凄い文章だな…
直系子孫を称して稼いでいる輩もいるのにナゼ?
土御門家は江戸時代、京都の梅小路周辺に邸宅や私塾を構え、暦の作成や陰陽師の統括、天皇や公家の祭祀(し)や占いを行った。
京都: 連絡取れず寺が供養  土御門家の菩提寺・梅林寺(下京区)。半世紀近く子孫の消息が不明になっている。
土御門家の子孫はいまどうしているんだろう…/
ラングドン教授案件、でしょうか?
一族と協議ができないままでは補修することも難しいという
クラウドファンディング等で財源を確保できれば維持されるのかしら?
土御門家の一族のお墓が崩壊寸前。菩提寺と関係者との連絡は途絶えている、とのこと。

- 京都新聞
・・・土御門家の関係者との連絡が途絶えており、毎年盆などには読経や供え物をささげているが、一族と協議ができないままでは補修することも難しいという ・・・
あれ…?私の知る人(友人ではない)で安倍晴明末裔を名乗る人が居たような…。エビデンスが提示出来ないだろうけど…😂💦
【 連絡取れず寺が供養】

確か魍魎の匣で土御門家は福井県に移った(鳥ちゃんがうへぇって言う辺り)て話があったんでテッキリそのまま居着いたと思ったら、どうも江戸初期に家康に京師・梅小路に呼び戻されてたぽぃ。
“ : 京都新聞”
の子孫の墓ピンチ 

土御門家の菩提寺・梅林寺(京都市下京区)で、一族の墓が長年の劣化で崩壊しそうな状態になっている。
土御門家の子孫の行方が分からないのか。歴史の古い家系だから、お墓の修繕などには相当お金かかりそうだけど。 <
これは有志が寄付すれば1000年くらい持つのでは --
以上

記事本文: 安倍晴明の子孫の墓ピンチ 京都、連絡取れず寺が供養 : 京都新聞

関連記事