TOP > 社会 > 京都新聞 > 教員の電話応対は...

教員の電話応対は午後7時まで 時間外は自動音声で働き方改革 : 京都新聞

12コメント 登録日時:2019-03-17 07:52 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(12)

心臓疾患が急速に増える1日11時間勤務。

学校でも勤務時間外は留守電を始めた自治体もある。
教員の安全衛生を守る義務があることを知っているのか?
いやいや。
勤務時間まででしょ。
滋賀県栗東市教育委員会

市内の全12小中学校で、業務時間外の電話受け付けを自動音声にし、後日にかけ直してもらう取り組みを始めた

県内の自治体では大津市や草津市など5市町が既に導入
7時か…
定時はもっと早いはず。すでに「残業ありき」で考えている。
午後7時かー。5時6時じゃダメなのかな?部活の関係かな?
午前7時って言うのも朝練だから?
保護者も銀行や役所と同じ様に時間外は学校に連絡しない位の理解しないとな。
大阪市の取組みより良い。大阪市は確か6時まで。帰宅しないで心配な方は警察へ。殆どが翌日でも良い電話内容だからと吉村市長が会見で言うてた。
19時まででも電話対応自体12時間近くあるんだけども……
あと19時近くに子どもが帰らなかったら警察案件でいいのでは?と思う。
基本的にはすごく良いと思うのだけど、全国にこの取り組みが広がれば良いと思うんだけど、何故7時?

「7時までは学校に居ますよ」という宣言をしてしまっているような怖さを感じます。
時世にのっとった適切な処置だと思うが、同時に遅番(13:00-22:00など)教員が居れば良いでわないかとも思う。
7:30〜19:00 …
すでに勤務時間をオーバーしてると思うのですが…
最初の一歩としてはいいのでしょうが、いずれは8:00〜17:00とかにしないと、それこそ残業の強制になっちゃうよ。
電話対応が7時半〜19時までという事は、仮に勤務時間が8時半〜17時とすると、最大で3時間分の残業代が支給されないとおかしい。まぁ、勤務時間外の電話対応は、全て管理職が行うって事ならば必要ないが…………
いいね!
以上

記事本文: 教員の電話応対は午後7時まで 時間外は自動音声で働き方改革 : 京都新聞

関連記事