TOP > 社会 > 実の娘にわいせつ、男に懲役6年 大津地裁判決 : 京都新聞

実の娘にわいせつ、男に懲役6年 大津地裁判決 : 京都新聞

40コメント 登録日時:2018-07-31 23:52 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(40)

>小学生の頃から性的行為に応じさせ、
>被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出していた

闇深い
たった6年か……。やりきれないな。
「被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出していたが」とあるけど、単眼は被害者の本心なのかなあ。すごく気になる。
他人同士だった夫婦ですら家族だから気持ち悪いと深刻なセックスレスになるというのになんで実の娘に手を出せるのか?本当気持ち悪いわ、死刑で
娘の恐怖心とトラウマを考えると、この腐れオヤジには一生刑務所にいてもらわねばならない。6年なんてすぐ経ってしまう。
こういうやつは子供作る以前に結婚するべきじゃないな💢
大津地裁判決(京都新聞)被害者保護者と言う名の元に名前苗字も出せないのは何故でしょうか。
何考えてんだ…
え!? 実の娘を小学生の頃から性的行為に応じさせていたのに、懲役6年…。
だから、これ、父親はあたりまえだけど、猶予嘆願書だすとか毒母っぷりがかいまみえる、、、
刑事訴訟法290条の2の被害者特定事項の秘匿
被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を出してるけど、監護者性交等罪は非親告罪。誰が訴え出たんだろうか……。そして、懲役6年なのかよ。。
インセストは大罪。
はっきりわかんだね。

それでも懲役6年て。
4年経ったら仮釈放されるんちゃうか。
身の毛もよだつな。
妻と被害者が嘆願書?こういうのを闇が深いと言う。/
少女への性虐待はたった6年で償えるという判決にこそフェミニストはもっと怒れよ
監護者性交等罪に初?判決
小学生の頃から性的行為に応じさせ、社会の普遍のルールに大きく背いたとし、「厳しい批判はまぬがれない」
被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出していたが、「刑を大きく抑えることはできない」とした
自分の娘が実の父親である夫から性的虐待されてるのに、なんで猶予処分もとめんだよこの男の妻は・・・母親なら、娘守って逃げろよ。
なぜこんな悲しいことがおきるのかな⁉️娘さんが傷つくようなことなのに。
なるほど、てことは去年までは本人がOKなら罪にならんかったのか…
実の娘にわいせつとか、マジで頭おかしいやろ!!ヤギに性的暴行を加えたインド人の方がまだマシじゃね?
妻も子供も減刑の嘆願書とか倫理観ぶっ壊れてんじゃん
こういうのは性癖だから。病気。治らないよ。娘と父親を引き離す必要ある。甘い。
犯罪の内容と司法の軽い判決にヘドが出る
この父親は鬼畜だな。母親も気付いていたのでは?嘆願書が出されているけど、被害の娘の本心か?
また琵琶湖県か
二次元だけにしとけよ。 非親告罪になってよかった案件。被害少女が嘆願書とか洗脳されてそう。
ダメでしょそれやっちゃ…。
本人も家族もちゃんと自覚しないと。生活費のためにかばうのならいよいよダメな家庭。

「被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出」
コメ欄つき。まーた大津。試し腹ミンジョク地区
去勢して磔にして天日干ししてしまえ。マジで胸クソ悪いわ。社会に戻すなこんな外道
1968年に実の娘に対して性的暴行を繰り返していた父親が娘に殺された事件(栃木実父殺し事件)を思い出す。実の娘にわいせつ行為を行って懲役6年も短い気がするが。とりあえずわいせつ行為をする人間はもはや人間と呼べない生き物だから去勢でいい。
嫁と被害者の子供が減刑を求めてたり、判決が法律でなく「普遍のルール」によって決まっているところに、闇を感じる🌚
被害を受けた娘が執行猶予を求めていたといいますが…実子を犯すなど最もやってはならない虐待であり、同じことが起きないように厳しい制裁を科すのもやむを得ないでしょう。
「 大津地裁判決」(京都新聞)
鬼畜だけど被害少女が嘆願書出してるんだよな
大津地裁では、養育費が60万円から40万円に減額されたことで世をはかなみ子供を殺したシングルマザーが懲役6年だったが、それと同じだけ悪いことだということなのだろう。
どこでどういう経緯で発覚したかは分からないけど、記事を読む限り母親も当事者の女性も刑は望んでいなかったと・・・
あってはならないことだけど、この家族はそれでも円満だったっていうことなんでしょうねぇ~
「小学生の頃から性的行為に応じさせ」「被害少女や妻が猶予判決を求める嘆願書を提出」はあ?もうSHINEねよ。被害者に何させてんだよ母親も/
以上

記事本文: 実の娘にわいせつ、男に懲役6年 大津地裁判決 : 京都新聞