TOP > 社会 > 「手先が不器用」実は発達障害 認知度低くいじめ原因にも : 京都新聞

「手先が不器用」実は発達障害 認知度低くいじめ原因にも : 京都新聞

12コメント 登録日時:2019-01-07 18:40 | 京都新聞キャッシュ

Twitterのコメント(12)

不器用の裏にある特性が分かると問題がシンプルになることも。弊社のアセスメントは症状の裏にある特性を探るところが特徴です。>「手先が不器用」実は発達障害 認知度低くいじめ原因にも :
うちの子も不器用だからこの記事ほんとわかるわ。手首ふにゃふにゃだしね。
昼顔の上戸彩…
こちらのページの加藤先生も輝いています
これねぇ。。ウチの子怪しいんやわ。ハサミ使えるようになったの最近やし。。使えるってことは違うのかなぁ?→「手先が不器用」実は発達障害 認知度低くいじめ原因にも -
発達性協調運動障害. Developmental Coordination Disorder

私は、これかもなあ。
これ、子供の頃の私じゃん😱
"DCDは専門家の間では知られているが、社会的な理解は進んでいない" "だが近年、周囲の無理解が、子どもの情緒や発達に悪影響を及ぼしたり、いじめにつながったりすることが研究などで分かってきた" / “靴ひも結べない、球技が苦手……”
うちのニート1号ニート2号はまさにこれ。制服もスニーカーも自分でできるように改造してたものだ。いっけんみんなと同じに見えるように。
ちょっと苦手なことがあれば、何でもすぐ「発達障害」のレッテルを貼られ、理解ならぬ理解をされた体にされる時世のようだ。
靴ひも結べない、球技が苦手…、認知度低い「不器用」な発達障がい。
〉極端に手先が不器用だったり運動が苦手だったりする「発達性協調運動障害(DCD)」への理解を広める
《計画性の無さだけが問題なら、詳しい工程とかパターンを明記すればできる子もいると思う
以上

記事本文: 「手先が不器用」実は発達障害 認知度低くいじめ原因にも : 京都新聞

関連記事