湯川秀樹の旧宅寄付 京都大、建設会社から 安藤忠雄氏が整備へ|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

4コメント 2021-09-15 14:51 京都新聞

京都大(京都市左京区)は15日、日本人初のノーベル賞を受賞した湯川秀樹(1907~81年)の旧宅(同区)の寄付を受けたと発表した。建築家の…

ツイッターのコメント(4)

なんか「ふははははは。お前もコンクリ打ちっぱにしてやろうか!」と言う声が聞こえたような…
嫌な予感しかしない…。
いつか湯川邸で研究会開かれないかな。
>『建築家の安藤忠雄さんらが新たに整備し、2023年以降に湯川の功績発信などに活用する施設として稼働することを目指す。』
長谷工が寄贈.[ 安藤忠雄氏が整備へ|京都新聞 "1933(昭和8)年建築で、延べ約370㎡" ] もとは誰の設計なんだろう.
以上
 
PR
PR