京都の公立高校で広がる人気格差 志願倍率を左右する立地と学力 高校のゆくえ|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

13コメント 2021-12-13 06:07 京都新聞

ツイッターのコメント(13)

そうそうそうそう、京都の公立偏差値結構差があるんだよなあと思い出した
敢えて名指しをしないが、校舎が綺麗なのと立地だけが取り柄の高校は、人気があるのは今だけになる。地域に根差した学校にならなければ、人気はまた地に落ちる。創立150年に似合った学校にならなければ、未来はない。
過去に学べ、某校。
「高校に競争原理が導入され、選ばれない学校では生徒の自己肯定感が下がったり、学びへの意欲が低下したりする。通学圏が広がった事で『近くの高校に行きたい』という願いが叶えられなくなった」
鴨沂に行きたくないから私立行く、とか鴨沂しか行けへんくて泣く子が昔は居たのに何があるか分からんな。
まだ先の話やけど、うちはとりあえず公立に行って欲しい😂
鴨沂は普通科A方式が7・65倍とトップ。
 一方、ある府立高は22年度入試前期選抜の倍率が1倍を切った。近年は定員割れが続いて
やはり京都新聞としては、「小学区」「総合制」の総合選抜方式に戻したいのかな?おのが子女は私学に行かせるけどね。ってやつで。
"先月発表された京都府内公立高の22年度入試前期選抜の倍率状況で、鴨沂は普通科A方式が7・65倍とトップ。「校舎がきれい」「人気があるから」。"
会員限定だけれども良記事だった。いわゆる「進学校」以外の高校の存在意義や教育のあり方について考えさせられる記事だった。
ジュリーの母校(中隊長だけど😅)鴨沂高校が来年受験校人気ナンバーワンだそうです😃✨新校舎と伝統校の人気で。
ジュリーと同じ高校へ行ける子が羨ましい〜❤️
倍率高いから大変😆頑張れ‼️受験生💪
今の京都の公立高校ってこんな感じになってたのか。進学実績高くて人気の高校も定員割れの高校も「偏差値じゃなくて生徒のやりたいことができる学校」を目指してるっぽいこと言ってるのが面白い:
鴨沂高校7倍って京都府のガキの学力と志の低さどうなっとんねん
長女の時ボロカス言われてたから回避したけど建て替えて方向性示しただけでこんなになるのね。去年、次女の受験で朱雀も見てきたけど、高圧感否めずやめたわ。
以上
 
PR
PR