京大が霊長類研究所を事実上「解体」へ 世界的な拠点、研究資金不正の舞台|社会|地域のニュース|京都新聞

318コメント 2021-10-14 21:19 京都新聞

世界の霊長類研究を牽引(けんいん)してきた京都大霊長類研究所(愛知県犬山市、霊長研)について、京大が組織再編する方向で検討を進めていること…

ツイッターのコメント(318)

な、なんんだってぇー!?
え、チンパンジー研究、なくなっちまうんかい

まあもう、これ以上研究しても何もないんだろうな。目的と手段が逆転して、予算だけほしい研究になってたんだろ

潔い
やばくない?
立花隆の「サル学の現在」面白かったなあ。完全鵜呑みにするものでもないらしいんだけど。333ページの写真は衝撃だった(キリが良いのでよく憶えている)
世界の霊長類研究を牽引(けんいん)してきた京都大霊長類研究所(愛知県犬山市、霊長研)について、京大が組織再編する方向で検討を進めていることが14日、関係者への取材で分かった。
そういうことになっとったんか。
霊長類研究所は京大のヒーローだったのに、権力が腐敗するのはどこでも同じ。
なぜか自分のなかでは霊長類研究所=河合隼雄というイメージがあるんですが、兄のほうなんですね。どこでつながったんだろう?学校の教科書かなにかで読んだのだろうか?
ええええええ?!ほんとに?何があったんだ…。
頭が足りなくて断念したけど、憧れだった。なぜ…。惜しすぎる。
京都新聞: 世界的な拠点、研究資金不正の舞台.


えっ。全然知らなかった……
 
PR
PR