自民総裁4候補はリベラル?右派的? 政治学者・中島岳志氏が独自分析|社会|地域のニュース|京都新聞

9コメント 2021-09-25 11:03 京都新聞

自民党総裁選の4候補者の政治志向や政策をどう比較したらいいのか。東京工業大の中島岳志教授(政治学)に▽自らと異なる思想信条を尊重するか、家…

ツイッターのコメント(9)

「強い人に巻かれやすい。総裁選でも対極にある安倍さんを気にしてブレている。リーダーとしては危うい。いろんな声に左右されすぎて、どこに向かおうとしているのかが分かりにくい」(本文より)

どうなることやら。
河野氏 喋れる菅(自助 パワハラ)
岸田氏 安倍傀儡(自分なし)
高市氏 安倍分身(最右翼)
野田氏 圏外

頭が変わっても古い自民党のまま。
野党に頑張ってもらうしかない。
若干、こちらの文脈とは違うかもしれないけど参考になるかと。自民党総裁選は組織や個人のゲームとしてでなく、自分がどの立場にいるかを振り返る機会になると良いかなと思う。
河野太郎について「思想的には、言っていることはリベラルだが、その手法は極めてパターナル。自分の考えで突っ切っていこうとする。」
確かにそんな感じだ。
納得の内容。
的確に候補者を表してる。
これ読むと野田聖子がやっぱ一番まともに思える。次いで河野太郎。一番やめて欲しいのは...
以上
 
PR
PR