すでに140体いるのに 財政危機の京都市、250万円かけ新キャラ作成|社会|地域のニュース|京都新聞

364コメント 2021-09-07 07:37 京都新聞

財政難を繰り返し訴えている京都市が、250万円をかけて新たな広報用のキャラクターを作成したことが分かった。数多くのキャラクターを抱えている…

ツイッターのコメント(364)

例のこの人ですね。
商標登録で16類と41類の2区分は登録しているだろうから、1体に付き登録費用が5年で10~12万ぐらいかな
単純に5年で1400万円、一年あたりにならすと300万近くの経費か
印紙代とか弁理士費用で固まるから見えない経費になってそう
利用単価の問題ではなく統一ブランディングに失敗してる/ハナからその気がない方が問題では
キャラクターデザインやロゴデザイン
ただで市民から公募させて使用決定してもほんの寸志程度の謝礼金渡して終わりっていうのもたくさんあるのにね。

こんなに予算組めるの?
京都、「財政危機なのに……」って枕詞つく記事多い印象だけど、メディアがちゃんと報じてる証拠。そこへ行くと我が町、大阪はねえ……。|
もういらないいらない((-д-三-д-))
京都のイメージキャラクター沢口さんと内藤さんでええやん。
内藤さんなんか京都に本籍移さはったんやぞ(๐•̆ •̆๐)=3
京都市やりたい放題2
破綻するーーー
多様性を確保するには最低でも140体のキャラクターが必要。
一方で京都の萌えキャラについてはこんな意見もあったりするが140体と言うならリストをズラッと並べてほしいものだ
今回作成されたキャラクターは「京乃つかさ」。 /
 
PR
PR