TOP > 社会 > 京都で初夏の風物詩「鴨川納涼床」スタート 酒類提供なし、オープン見送る店も|観光|地域のニュース|京都新聞

京都で初夏の風物詩「鴨川納涼床」スタート 酒類提供なし、オープン見送る店も|観光|地域のニュース|京都新聞

10コメント 2021-05-01 20:41  京都新聞

京の初夏の風物詩、鴨川納涼床が1日、始まった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が京都府に発令されているため、営業時間は午後8時…

ツイッターのコメント(10)

いま自分の中で季節が混乱してる。北海道の5月、東京の5月、京都の5月、大阪の5月…。
(京都新聞)
難しい選択ですよね。。。
(京都新聞)
酒もないうえに午後8時まで。せわしないな。当分仕方がないか。まあ、夕涼みに。“ 酒類提供なし、オープン見送る店も”
今年は10月まで設営
仲良しさんとお出かけできるかな?
先日この辺を通ったとき、川床が建てられ始めてる光景を見て、夏が来たんやな〜って感じた😊
大好きな光景。
京都の鴨川の床がスタートした。今年は期間を10月末まで延長するとのこと。もちろん今日全ての店が床をOPENしたわけではないようだけど。

早く賑わいが戻りますように。
#京都

一段高いが、路上飲みといわれれば、そうとも見える。今は我慢。感染が終わったら、盛大に「床」で呑もうぜ。#舞妓はんも
10月までになったのか
酒類提供なしだと三条大橋のスタバが一人勝ちしそうな感じがする(川床が出ることでおなじみのスタバ)
寂しいなあ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR