TOP > スポーツ > 「イライラして選手の間を抜いた」高校駅伝コースに車進入疑い、68歳男を書類送検 京都府警|社会|地域のニュース|京都新聞

「イライラして選手の間を抜いた」高校駅伝コースに車進入疑い、68歳男を書類送検 京都府警|社会|地域のニュース|京都新聞

118コメント 2021-01-14 11:18  京都新聞

昨年12月の全国高校駅伝で競技中の公道コースに乗用車が進入した問題で、京都府警交通指導課と右京署は14日、道交法違反(警察官現場指示違反)…

ツイッターのコメント(118)

駅伝で通過でイライラするのはわかるが、もう自己制御が効かない暴走老人なんだろうな。選手に怪我がなくて不幸中の幸いだ。
ファーwww
やっぱりイライラが言動・行動に出る奴ってアホだなぁ...としか。
うわー……(・∀・)
気持ちはわからなくもない
自分の興味のないことで道路が一時通行止めで待たされたりはイライラするのはわかるよ
でも選手たちが危険な目になっていいなんて思えないよ
年齢を重ねても何も身についていないのだろうか?
たしかにいけないことだとは思うが、長距離走とか公道塞いでまでやらなあかんのやろかと思うことはままある。
イオンも混雑している時間帯だろうけど、周辺に住んでいる身からすれば、その時間帯に車で帰ろうというのが間違い。こういう人は救急車が来ても道を開けない人だと思う。
無いように見える物に意味がある。を考えず直ぐに感情に流されるおじいさんが多すぎる・・・
若い世代も多くはなってきてるけど(^^;
そんなことがあったとは…。危険際なりない。駅伝の通達があったのに、しかも警官の静止を振り切るとか。情けない。/
もう運転しないほうがいい
/犯人は老害だったか。一歩間違えればって考えないのは犯罪者の共通意識だな
車は京都府代表の立命館宇治高の女子選手(18)の目の前を横切った。選手は接触する寸前で身をかわし無事だったが、進路を妨げられる形となった。
ただの老害で草
マラソンやんのはしってたやろ
買い物の時間ぐらいずらせや
| 京都新聞ホンマに老害😡
コッテリ絞られると良いね
もう、免許を剥奪してほしい。
ドライバーとしてクソ。
〇カの極み(怒)
これニュースで見たけどとりあえずこの老害免停させてくれ車乗るな公道出てくんな
>男性は容疑を認め、「選手の間隔が空いており、今なら行けると思った。後から映像を見て危ないと分かった。反省している」と話しているという。<
またプリウスが悪者に…。いやイメージがだけどね。
名前を出せ
日本人なのか
耳順を迎えながら恣意に振る舞うとは
社会的制裁を受けるべき
「選手の間隔が空いており、
今なら行けると思った。
後から映像を見て危ないと分かった。
反省している」
駅伝あるの分かってたろうに
やっぱり年取ると感情の抑制ができなくなるんかな
ホンマに危なかったからなこれ…
68歳、年金暮らし、プリウス、
トリプル役満やん!
ここだとゴール手前で、めっちゃ待たされるからなぁ…。
免許証取り上げないんだったら 次からの開催の警備にはよほど予算を増やさないと危ないよ 大丈夫なんだろうか?
こんなクソジジイ、免許取消でええやん
しかもめちゃくちゃ危なかったのに、いけると思ったって認知能力もヤバいし
とりあえずはよしやな(´・ω・`)
この「68歳男」さんみたいな人、私もたま困らされる。イライラ→ムカムカしちゃうと、こういうとんでもない事をしちゃう。「後から映像を見て危ないとわかる」人なのに。
これ、悪質だから名前出してもエエでしょ。
交通規制があるのは何ヶ月も前からわかってるんだろ!
プリウスで実名が出ないのはまた上級!?
永久免取りでよろしくお願いします。

 京都府警|社会|地域のニュース|京都新聞
バカじゃね?
逮捕、勾留して反省させるべし!
免許取り上げろよ
絶対反省してないね。理由は早くお家に帰りたくてイライラしただって。68歳(笑)
こんなことあったの?
最低!
以前TLで見たがプリウスだったな。高齢者とプリウスはもはや最悪のコンボ。

もはやクルマうんぬんではなく運転者の性格の問題
68歳無職男「早く帰ろうと思ったのに警察官に止められ、イライラして選手の間を抜いた」
メーカーに駅伝選手を安全に追い抜けるクルマの開発をお願いしよう
危ない思想を持ったおじいちゃんだな
道交法違反、あわや交通事故。
免許剥奪レベルだと思うんだがな
事故になってもおかしくなかった
こう言うのは…ドシドシやって欲しい!!🤩👍
反省しているなんて誰が信じるねんどうせ執行猶予。二度と免許持つな。
「警察官現場指示違反」って「3か月以下の懲役刑または5万以下の罰金に加えて、2点」だそうな。
軽い罪だな~、老害としか言えないから取消にしろ!
地獄への直線道路啓開してやろうか?
もっと見る (残り約68件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR