TOP > スポーツ > 「早く帰りたかった」駅伝コースに車で進入、60代男性を書類送検へ 選手は接触寸前で身をかわす|社会|地域のニュース|京都新聞

「早く帰りたかった」駅伝コースに車で進入、60代男性を書類送検へ 選手は接触寸前で身をかわす|社会|地域のニュース|京都新聞

464コメント 2021-01-14 06:07  京都新聞

昨年12月に京都市で開催された女子の全国高校駅伝で、乗用車がコースに進入して選手の前を横切る問題があり、京都府警交通指導課と右京署は、現場…

ツイッターのコメント(464)

駅伝、興味のない一般人には迷惑でしかないんだよ。未知塞いで駅伝やらなきゃこんなことも起こらんぞ。
駅伝だのマラソン大会だので封鎖し過ぎ。陸上競技場で勝手にやっとけ。いちいち道路封鎖すんな
安定のプリウス×高齢男性w
この組み合わせはヤバい
駅伝横切りプリウスおじさん書類送検になったらしい
あのプリウスが書類送検か
ニュース映像になってた件のぞくほうが来ましたか
「早く帰りたかった」と言い訳
駅伝コースをプリウスで横断!
60代糞爺を書類送検🚨
選手はギリ避けて無事


こんな大人になってはダメ👎
あ。ちゃんと捕まったんだ。|
しょっぴけ、こんなやつ。 /
ここでも老害とか、ホントどうにかならんのかな
>右京署員の制止を振り切って進入した疑いが持たれている。男性は帰宅途中で、「早く帰りたかった」と容疑を認めているという。

きちがい!
接触寸前トレンドから追ってみてたら、西京区の無職の60代ってのにたまげたなぁ。
西京区に早く帰りたいなら葛野西通(西京極運動公園の西)まで行ってから南下すりゃ済むだろうに(距離的には大差ない)。
スポーツ大嫌いだから書類送検なんてやりすぎたと感じる、何様のつもりで公道封鎖してるんや、となるわけよ……
飯塚と同類のゴミクズ老害
選手は接触寸前で身をかわす|京都新聞
もちろん悪いことなんだけど、イベントがあると住民の生活は二の次にされちゃうからなぁ。休日出勤終わって帰ったら家に入れなくなった経験アリ。
情けない言い訳だ・・・
こんなクズはキッチリと裁判所に連行して懲役刑だろ
こんな奴多いよ。車も自転車も。コロナで罰金やなんやかんや取るならこういうのとかから取りなよ。
「早く帰りたい」じゃあ、どうしようもないな。

漏れそうだった、なら情状酌量の余地があったかもしれないがw
大馬鹿者めが
罰として上半身裸で下はブリーフと
網タイツで京都市内一周マラソンやな
バカじゃないの?
結局、遅くなっとるし…………【急がば回れ】だな
とんでもない人がいるもんだ。人間性が最低。
逮捕して豚箱入れて目の前で免許証八つ裂きにしてやれよ
女子の全国高校駅伝で立命館宇治の村松灯先週を轢きそうになったプリウスの運転手、書類送検されたんか。
当然。
免許シュレッダーにかけたれや。
多分、罰金10万円程度で終わりそう
危険運転致死傷罪とかにすればいい
マジでプリウスミサイルやな。これ選手轢いてたらとんでもない事になってた。いや既にとんでもない事やねんけども。
ホコ天に故意に車で乗り込むみたいなもんだよなあ 殺人未遂では…?
「早く帰りたかった」駅伝コースに車で侵入、60代男性を書類送検へ  笑った
ボケ老害が。
さっさと免許返納しろ。
制止をきかない奴、最近多いよね。特に高齢者。
邪魔って…
しかも右折待ち?
右折したらコースに入っちゃうけどいいの?意味がわかりません。
この人のやった事を肯定する気はないが、何故マラソンは道路を封鎖してやるのか不思議に思う❗これだけ人気があるなら専用コースをつくれないのかと思ってしまう
結局捕まったのかよw
これは庇う余地なし。
みっともない老人にはなりたく無いと改めて思いました。
>右京署員の制止を振り切って進入した

警官いても無視してるあたり、最悪すぎて免許永久取り消ししかない。
個人的な理由で警察の制止振り切っちゃうのって完全にヤバい人だよな
駅伝に限らず 日本三大祭りもオリンピックもその他イベントも 興味ない人にとっては迷惑でしかない行事なんだよね。そこら辺妥協しながら譲り合うのが社会なんじゃね?
こういうのがいるから
年寄りがその身勝手さから子供に危害を加える
これぞ島国ジャポンのファッキン原風景だな
老害を通り越して殺人未遂やで。
しかも理由があまりにも自分本位。
「ドライバーは選手のためにもマナーを守ってほしい」じゃなくて、ルールなんだよなぁ…
勲章持っとらんかったか
「早く帰りたかった」駅伝コースに車で侵入、60代男性を書類送検へ  右折待ちだったと言うのが驚き。この図からすると駅伝コースに入りたかったのか。選手だけでなく、放送車だって結構近かったと思う。事故がなくて良かった。
ただのクソ野郎
軽い違反で済まされるのかな😡
もっと見る (残り約414件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR