TOP > 社会 > 京アニ放火、遺体4人がかりで丁重に運び出し 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容|社会|地域のニュース|京都新聞

京アニ放火、遺体4人がかりで丁重に運び出し 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容|社会|地域のニュース|京都新聞

39コメント 登録日時:2019-10-18 07:39 | 京都新聞キャッシュ

京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、市消防局は17日までに救助活動の詳しい経過を京都新聞社の取材に明らかにした。激しい炎に阻まれたため、屋内から救出できた生存者は一人もおらず、過酷を極めた現場の状況が改めて浮き彫りになった。 重いやけどを負った人たちが屋外の4カ...

Twitterのコメント(39)

20人が折り重なり、には言葉も無く。ただ消防の方々に感謝を。
これ以上傷付けないように、布の切れ端でも遺族に残るように運び出した消防隊員。
改めて壮絶としか言いようがない。
改めてご冥福をお祈りします。
割と耐性あるけど、この件だけは読んでるだけでつらい……
生かすことの重要さも、それに携わってる方々の苦労もそれなりに分かっていても、何で犯人はまだ生きているのかって思ってしまう
(京都新聞) - LINEアカウントメディア
とても涙無くしては聞けない話ですが、現場で救出にあたった方々は更にキツイ状態であったと思いますので日本の片隅から哀悼の意を表します。
ありがとうございました。
うわ…泣きそうになった…
文字で読むだけでも、その凄惨さが伝わってくる。現場では如何程だったのか…

二度とこんな悲惨な事件が起こらないことを願います。
泣いた
当時の状況で今までにないより詳しい情報だ / “ 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容|社会|地域のニュース|京都新聞”
個人名を出さなくとも、事件の凄惨さや失われたものの大きさは伝わることがよく分かる。
救助活動に携わった方々もどんな思いでいたのかと思うと涙が出てくる
改めて怒りが湧き上がる。

裁判は長引くだろうけど奴が大好きであろうアニメなどは当然見ることが出来ず、しかも判決はほぼ極刑確定。

あんなゴミクズは絞首台の露に消えるまで絶望の日々を過ごせば良い。
|

改めて文章で読むと現場の凄惨さが浮き彫りになる。これほどの大惨事が、たった1人の逆恨みで引き起こされたということに慄然とする。
この写真の奥に当時まだみんな知らないとはいえ犯人の青葉真司容疑者が手当てを受けてると思うとやるせないね。
読むのが辛かったけど、心に刻んでおく…。
救助に当たってくれた隊員さん、医療関係者様、本当にありがとうとしか言えない。
けど助けても助からなかった方達も沢山いたから、すごく悔しかっただろうなぁ…😢
もうこんな事件が2度と起こりませんように🙏
» 令和は初年から波乱の連続だな…
ありがとうございました。
泣きそう…
地元紙ならではの迫真の記事
ガソリンの購入場所はわからないまま。放火に至るまでの犯人の足取りも。都合が悪いので闇に葬りたいのだろう。
京アニ放火事件:消防局が救助経過を明らかに
“遺体の損傷は激しくこれ以上傷つけることがないよう1人の遺体を4人がかりで丁重に扱った。全て運び出し終えたのは救急隊が出動してから10時間37分後“
「一人でも多くの命を救おうと活動したが、大変残念に感じている」
心から頭がさがる。
>激しい炎に阻まれたため、屋内から救出できた生存者は一人もおらず、過酷を極めた現場の状況が改めて浮き彫りになった。
あれから3ヶ月。

事件当日の詳細。
ショッキングな内容なので気が進まない人は控えてください。
あまりにも痛ましい、最後まで読むのはあきらめてしまった
「遺体は損傷が激しく、現場では性別さえ分からない人もいた。隊員は服のきれや所持品も遺族の元に届けるため、丁寧に運び出した」消防隊員も医師も経験のない事例だっただろうに、凄い精神力……敬服する / “ 消防隊員「これ…”
痛ましい内容ですが。
人名が一回も出てこないのは、意図的にそうしたのでしょうか。
記事を読んでいる間(再度読み直してもなお)、その必要を全く感じませんでした。
裏方がどうってのは気になったりするよね。
私も障害を患ってるがこの事件以降 凶暴性の強い障害者は隔離施設へ突っ込むなど対応が必要だと思う 理不尽に無実の人が殺されない為にも
この記事読んでまた涙が止まらんくなった、あの日から3ヶ月、ご冥福をお祈りします。
遺体の損傷は激しく、隊員はこれ以上傷つけることがないよう、1人の遺体を1人がかりで丁重に扱った。
熱さのせいか120mも離れた公園に逃げた人達も。

▶︎ 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容(京都新聞)
事件発生後の救助の様子が明らかになったけど、酷い被害状況の中使命を全うした消防隊員の皆さんに敬意を。
消防隊員は助けようとしても炎に阻まれ助けられなかった無念が…
 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容(京都新聞)
まじ悲惨すぎるえぐい
以上

記事本文: 京アニ放火、遺体4人がかりで丁重に運び出し 消防隊員「これ以上傷つけない」救助の全容|社会|地域のニュース|京都新聞

関連記事