放置自転車を無断使用、起訴の無職男性に無罪判決 大津地裁 |社会|地域のニュース|京都新聞

10コメント 2020-11-11 11:47 京都新聞

放置自転車を使用したとして、占有離脱物横領罪で起訴された無職男性(51)に対し、大津地裁(齊藤隆広裁判官)が無罪判決(求刑罰金10万円)を…

ツイッターのコメント(10)

男性と支援センターと警察と電話ボックスと自転車…記事がしっかりしてて、読みごたえあり。酷い話なんですけどね。
~~~~~~~~~~~~~~~~
これで判決まで4ヶ月勾留とか検察と裁判所は何考えてるの?

独り身生活困窮者のようだから身許引受人が居なさそうだからか?
いやむしろ拘置所で三食不自由ないので裁判所の温情か?
ホームレス相手に裁判やる程の事かよ
そんな事より飯塚を逮捕しろ
一時使用、また無罪出た
一応、占有離脱物横領罪って書いてる記事ぶら下げておこ。
これは検察の勇み足というか、詰めが甘いよ。不法領得の意思と競合する一時使用の意思(使用窃盗)を完全に否定しきれてないもの
メモ。

〉男性は東近江署に6月17日に逮捕されて以降、判決までの約4カ月間、勾留されていた

【 大津地裁】
教室設例で出てくるような話です。「地裁は、男性は一時的に自転車を使用したにとどまるとし、「不法領得の意思があったとは認められない」とした」/
以上
 
PR
PR