TOP > 社会 > 京都高島屋の“くぼ地”「池善化粧品店」閉店へ 四条河原町交差点で創業90年、社長高齢化で幕|経済|地域のニュース|京都新聞

京都高島屋の“くぼ地”「池善化粧品店」閉店へ 四条河原町交差点で創業90年、社長高齢化で幕|経済|地域のニュース|京都新聞

129コメント 2020-10-27 07:07  京都新聞

京都市下京区四条通河原町にある京都高島屋に隣接するビルで営業する「池善化粧品店」が12月末で閉店する。京都の「一等地」で街の発展を見守り、京都の多くの人に親しまれた店舗だが、社長の高齢化などで90年の...

ツイッターのコメント(129)

あの景色
好きだったな。

僕にとってはあれが
「ザ・京都」だった。
マジージ!?
高島屋の鬼門を護ってきた(違)池善が!
あそこなくなるんやな!
・閉店後のスペースはテナントとして活用し、今後、外観の改修なども検討

解体するわけじゃないのか。
何気に通っていて、知らないうちに見過ごしていた一箇所かも知れない😓
おつかれさまでした。
色んなところがポンポン潰れるのは寂しいな。
高島屋にとっちゃ鬼門やから変な事はせんほうがええやろな。
えっ
あのお店、高島屋とともに、ずっとあるような気がしてました。
利用したことは無いが、当たり前にある光景が無くなるのは、ちょっと寂しい・・・。
お疲れさまでした。
あそこお店なくなるんかー。お店入ったことは無いけど。
えー...そうなん?
鬼門…。
色々噂されてたあそこも遂に陥落か…
樟葉にもこれと似た場所があるけど、なんかこう、最善って何か考えさせられる。「 | 京都新聞」
これはマジか‼
寂しいなぁ😢
京都人なら知らない人は居ないレジェンドですよ。
高島屋には死んでも土地は売らない!と言う。
大阪高島屋別館の前に鎮座している東京チカラめしも早く閉店して消えてくれ~
あの特別な位置のお店がついに閉店なのか…。
京都の「顔」がまた無くなる。
高島屋エントトラスとほぼ一体化してて存在感が目立っているが、独特の近寄りづらさがある店という印象。
ほとんど意地で営業を続けてた感がある。
かなしいわ😭
どんどん無くなっていくなぁ
できることなら、プチ公園みたいになればいいな。
そうですか...。お隣の和菓子屋さんは少し前に閉店してたけどね。見馴れた光景だったけど、これも時代の流れかな。長らくお疲れ様でした。
なんとも内容の薄い記事。もう少し「窪地」のできた経緯とかこれまでの地上げ闘争とか高島屋や行政との軋轢とか、色々掘り下げてほしい。

不思議な配置で何回か写真撮ったな
社長高齢化が閉店理由とか →
池善マジか
90年も営業してたのか…よく店の前を通っていたよな…
西に向かって横断歩道渡ると
必ず目に入ってくるんですよね💄
どんなテナント入るんだろな〜。
そうなんかー
目立っていました。
そうかあ、という感じ。
中に入ったことはないけど、長年に渡り何度この前を通ったことか。時代の流れを感じます。
寂しいなぁ…専務さんも、お店の方々も皆さん親切でいいお店やのに…
母が大学生の頃、化粧品を売ってる店は今ほど多くなく池善へ通ってたってよく聞いてたな。この面影好きだから建物だけでも上手く残って欲しいな。
エーーー(T ^ T)そうなんや…
私の知る京都は変わっていく。当然だ。:
学生の頃からお世話になってきたお店。寂し過ぎる…。
なくなっちゃうんだ、ここ。。。😢

「すごい建ち方しとるな」と、いつも思いながら見てましたねぇ
そうなんだ。9月に行ったときに『あ、まだあるな…』と思ってたのだけど。
無くなってまうのか。
「四条河原町」といえばこの店の風景だっただけに
寂しいな
いよいよなのか…。ちょっと残念な気もする。
寂しいけど、今まで池善化粧品店さん有り難うございました。
出来れば、この外観(上の古風な建物)だけでも残してくれると良いなぁ…。
創業90年では老舗と書かれないのが京都流‼️
もっと見る (残り約79件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR