TOP > 政治・経済 > 京都府、不妊治療の助成開始へ 都道府県で全国初、10月1日から|社会|地域のニュース|京都新聞

京都府、不妊治療の助成開始へ 都道府県で全国初、10月1日から|社会|地域のニュース|京都新聞

10コメント 2020-09-29 20:42  京都新聞

京都府は29日、特定不妊治療の通院にかかる交通費の助成を10月1日から始めると発表した。不妊治療を受ける人を支援し、出産や子育て環境の充実を図るとしている。府内では与謝野町が同様の制度を導入しているが...

ツイッターのコメント(10)

もっと早くあったら助かったなあ

心身の負担が大きい治療、金銭的負担が軽くなるのは喜ばしい✨
交通費の助成もやるのがすごいと思う
これに続く県は出てくるか
交通費の助成開始という記事。
北部に住んでいる患者としては交通費も経済的に負担だったから助かります😭✨
遠方から通院されてる方は確かに助かりますね😌
これ、ほんまにありがたい🙏
通院の度に高速で6〜7千円程使ってるから、その分帰ってきたらかなり負担減るな😭ちょうど体外に進む時期に開始されるのが尚更助かります🙇‍♀️
京都府は29日、特定不妊治療の通院にかかる交通費の助成を10月1日から始めると発表した。不妊治療を受ける人を支援し、出産や子育て環境の充実を図るとしている。府内では与謝野町が同様の制度を導入しているが、都道府県としては全国初という。
交通費の半額が助成されるそうです。ジワジワと不妊治療の助成金などが増えていってる気がしますね😀

🔽
ん? 交通費? と思ったけど「府内では治療を行う指定医療機関(7カ所)が京都市内に限られることから、特に府北部地域に住む人の交通費負担が重くなっており」ということなら納得
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR