TOP > 社会 > 舞鶴クレインブリッジ通行止め 橋脚部に損傷見つかる|経済|地域のニュース|京都新聞

舞鶴クレインブリッジ通行止め 橋脚部に損傷見つかる|経済|地域のニュース|京都新聞

8コメント 2020-09-29 19:51  京都新聞

京都府舞鶴市は29日、舞鶴湾をまたいで同市東地区と大浦半島の西大浦地区を結ぶ斜張橋「舞鶴クレインブリッジ」の橋脚部の部品に損傷が見つかったため、同橋を同日午後4時から当面、通行止めにすると発表した。1...

ツイッターのコメント(8)

「橋長735メートルで、関西電力が舞鶴発電所建設工事用道路として建設した。1999年に市に移管され、西大浦地区の一部約230世帯が利用している」  180万kWだとこんな橋も架かるのだな
橋が架かる前、舞鶴汽船が今の赤レンガ近くの桟橋と変電所付近を航路で結んでいた事がありまして…。



>同橋は橋長735メートルで、関西電力が舞鶴発電所建設工事用道路として建設した
支承の複数のローラーが破断って珍しい気がするけど何が原因なんだろ。
明日から 大波街道 通勤時間帯いつも以上に渋滞になりそうだわね・・・
ローラー3個とはいえ 結構なお値段だろうから大変そう
「大浦半島側の橋脚に取り付けられた支承のローラー計4個のうち、3個が破断しているのを発見した」
さすがにそれはやばいのでは…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR