TOP > 社会 > 滋賀にも閉店ドミノの波 西武大津店閉店、中心市街地空洞化の懸念|経済|地域のニュース|京都新聞

滋賀にも閉店ドミノの波 西武大津店閉店、中心市街地空洞化の懸念|経済|地域のニュース|京都新聞

16コメント 登録日時:2019-10-14 22:15 | 京都新聞キャッシュ

セブン&アイ・ホールディングスが発表した西武大津店(大津市におの浜2丁目)の来年8月閉店は、インターネット通販の普及など消費の変化を浮き彫りにした。一方、県都・大津の唯一の百貨店で、開業から43年にわたってランドマークでもあった商業施設が消えることになり、かねて同市の課題である中心市街地の空洞化が加速する可能性もある。 「選択と集中を推進する。採算性の改善が困難と判断した店の閉鎖を決...

ツイッターのコメント(16)

ロフトと無印がなくなるのは本気で困るんだが。あと一階の食品・酒フロアとお土産…
ついに西武閉店かぁ
大津駅にはやっとスーパーができて活気出るかなと思ったけど
きのう大津西武に行って買い物をしたが結構賑わっていた。やはりここが潰されるととても不便。JRで高槻か尼崎のパントリーにまで行かねばならない。これだけ賑わっていて閉店はあり得ない。セブン&アイ、投げ出すくらいなら買収するな!全く地元民の不便無視の酷い会社。
”大津市では以前から京都、草津両市への消費の流出が進み、JR大津駅・京阪びわ湖浜大津駅かいわいの商店街の活性化が課題とされてきた。”
どうせ長谷工だからマンションだろうが、もはや大津がオワコン化必至だよね。
電車で15分ぐらいで京都駅なんだからそりゃそっち行くよな |
膳所駅も改修中だし 跡地は 無難にマンションだろう。
真面目な話、地方都市はもう死にかけている。災害だって、地方はいつも再生が遅いという犠牲にあっている。都心は災害時でも再生が早いが、少子高齢化で人が動かなくなった今、地方の再生は遅い。2020年8月、東京五輪の後、日本の地方都市にはどんな景色が残っているのだろう
「県都・大津の唯一の百貨店で、開業から43年にわたってランドマークでもあった商業施設が消えることに」 / “ 西武大津店閉店、中心市街地空洞化の懸念|経済|地域のニュース|京都新聞”
大津は今までNECや三洋等の大手の工場があったから保ってただけで、工場が経済活動に寄与しなくなった以上新しい市政のグランドデザインを描き直す必要があるんだけども…
大津ってのがイマイチなような。
大津行くなら京都行った方が早い。
もしくは名古屋の方。
県民北部はほとんど行かないんじゃないのかな。
お世話になったお店が無くなるのはかなしい😿
PARCOもだけど、膳所駅からちょっと歩くのが1番の原因なのと車で行きにくいから足が遠のくんだよね。
そりゃ草津イオンとリニューアルしたエイスクエアに流れるよ。
西武大津店閉店、

中心市街地空洞化の懸念

(京都新聞)

コレがアベノミクスの正体です。

もう騙されないでください。
役目が終わった
モノは
無くなるのです
新しいマンションが立つだけなら物足りない?
大分奢ってるな。わかってる?ムチャクチャ使い勝手悪いの。
以上

記事本文: 滋賀にも閉店ドミノの波 西武大津店閉店、中心市街地空洞化の懸念|経済|地域のニュース|京都新聞