TOP > 社会 > 自虐と謝罪、ゆるキャラ「月橋渡」はどこへいく 音頭も平謝り 京都嵐山|主要|地域のニュース|京都新聞

自虐と謝罪、ゆるキャラ「月橋渡」はどこへいく 音頭も平謝り 京都嵐山|主要|地域のニュース|京都新聞

11コメント 登録日時:2019-10-14 11:18 | 京都新聞キャッシュ

名勝として人気が高い嵐山地域にある嵐山商店街(京都市右京区)の公式キャラクター「月橋渡(つきはしわたる)」が、“自虐キャラ”で売り出している。ツイッターでの口癖は「すいません」で、今夏完成した「月橋渡くん音頭」の振り付けでも、頭を下げる“謝罪ポーズ”にこだわった。商店街有志は音頭の動画を会員制交流サイト(SNS)でアップし、風光明媚(めいび)なまちのイメージとはかけ離れたキャラ...

Twitterのコメント(11)

ゆるきゃらニュース!

月橋渡のTwitter戦略術は謝罪のことば?
ゆるキャラだけど自分には厳しいwww
これグッズ買いに来る若い女性って完全に某アイドルO坂さんの影響だよねwww私たちのことだwww
すいません、の背景がそんな理由だったとは❗(笑)
なんか違うような気がする😑
つきはしわたる…
シュール過ぎるわ!(まあ渡月橋色々あるんやけど)
このキャラには雑音を恐れずに頑張ってもらいたいです😆
ゆるキャラより地元の長老が気になる

好きにやったらエエと思う
でも商売センスないわ
ぼったくりの観光地商売にはお似合いかも
以上

記事本文: 自虐と謝罪、ゆるキャラ「月橋渡」はどこへいく 音頭も平謝り 京都嵐山|主要|地域のニュース|京都新聞

関連記事