TOP > 政治・経済 > 京都の市街地、無電柱に 歩道拡幅し観光客の混雑緩和へ|社会|地域のニュース|京都新聞

京都の市街地、無電柱に 歩道拡幅し観光客の混雑緩和へ|社会|地域のニュース|京都新聞

18コメント 登録日時:2019-10-10 13:12 | 京都新聞キャッシュ

京都市は、三条通の三条大橋西詰―河原町通間(中京区)で無電柱化工事を月内に始める。230メートルの区間で5年かけて電柱をなくし、電線を地中化する。歩道も拡幅し、観光客でにぎわう一帯の混雑緩和を図る。市は、2016年の無電柱化推進法の施行を受け、昨年12月に長期的な整備方針をまとめた。今年3月には、三条通を含む34路線(計約15キロ)を今後10年間で優先的に取り組むとする実施計画を策定した。工法...

Twitterのコメント(18)

どんどんやれ
基幹道路は無電柱化されてても、ちょっと区画の中に入ると電柱だらけみたいな事がありがちで萎えるから区域まとめてやってほしい
東京みたいに馬鹿みたいに(地方からの搾取により)税収あると結構無電柱化も進むんだがねぇ
京都开始要把几个游客扎堆的重点路线上的电线杆入地。。。其实我觉得有电线杆也挺好的。。。
電柱より路側帯に毛が生えた程度の「名ばかり歩道」ではなくきちんと段差を設けて歩行者を守れる独立した歩道にする事が先。同時に自動車や自転車の流入を抑制して交通量を減らす対策も施さないと。> | 京都新聞
「三条通の三条大橋西詰―河原町通間で」 / “ 歩道拡幅し観光客の混雑緩和へ|社会|地域のニュース|京都新聞”
京都市は、三条通の三条大橋西詰―河原町通間で無電柱化工事を月内に始める。230㍍の区間で5年かけて電柱をなくし、電線を地中化する。歩道も拡幅し、観光客でにぎわう一帯の混雑緩和を図る。「電線共同溝方式」を採用
四条通の迷走ぶりを思い出した
もう少し熟考して取り組んだ方がええんと違う
混雑緩和の前に、観光客の総量規制を!
エエ加減にせんと、ホンマに日本人観光客がいなくなるで!
:江戸時代はこうだった‼️
京都で電線地中化ネタ
230mに5年もかかるのかとか、既存ストック活用でも8%しかコスト削減できないのかとかモヤモヤする。/
素晴らしい

| 京都新聞
電柱減っても変わらんやろ()
電波を使い固定電話を無線化して、メタリックケーブルをのけると管路やとう道の空間に無電柱化もできるからなぁ。
混雑緩和だけでなく、景観の向上や台風などの自然災害の影響を受けにくいメリットもありますね。
三条大橋は擬宝珠がありて優雅なるに、電柱がありたる様はいとにくし
230mで5年もかかるのか>
いっそ、三条通河原町~川端間は、歩行者専用か、少なくともトランジットモール(但しバス・タクシー西行一通で)すべきだと思う。河原町通へは御池通経由へと迂回すればよい。
この記事の本文、「三条通」と書かれてる部分だけがなぜか全部イタリック
以上

記事本文: 京都の市街地、無電柱に 歩道拡幅し観光客の混雑緩和へ|社会|地域のニュース|京都新聞

関連記事