TOP > 社会 > 体育館で人海戦術、封入作業急ぐ 給付金申請書を全世帯へ、京都・京田辺|社会|地域のニュース|京都新聞

体育館で人海戦術、封入作業急ぐ 給付金申請書を全世帯へ、京都・京田辺|社会|地域のニュース|京都新聞

13コメント 2020-05-23 21:45 | 京都新聞キャッシュ

京都府京田辺市は22日、1人10万円を支給する「特別定額給付金」の申請書を全世帯に郵送するため、職員延べ200人を動員して封筒に入れる作業を行った。 市によると、業者に封入を依頼すると数日かかるといい、支給の迅速化を目指して人海戦術を選んだ。中央公民館と田辺中央体育館に分かれ、1日で一気に2万9904通分を仕上げた。体育館では「3密」を避け、間隔を空けた机がずらり。各部署の職員...

ツイッターのコメント(13)

うわぁー、頑張ってください!!
頑張れ💓💓💓💓
もっと対象人数が絞られたものの封筒詰めを手伝ったことありますけど

ゾッとしか
してないから!(泣) あれ以上のものがと思うと ゾッとしかしてないから(泣)
ありがたや。
やっぱり200人いても1日2万通か。1人1日100通が精一杯の予測値通りだね。何故経験者の声を聞こうとしないのかっ!笑ちゃうよ、本当に。この市は人口7万人規模だからこれでも何とかなると思うけど、何十万何百万人いる大都市圏は相当大変だと何故予測出来ない?公明創価さん。
京田辺すげーwww 〒のみにして体育館でさばけばすぐ給付できるぞwww
@arumimak
これは嬉しい!
担当してくださった皆様や関係各所の皆様
ありがとうございます!
給付金申請書を全世帯へ、京都・京田辺|京都新聞

200人動員して1日で3万件弱。京都市の世帯数が約72万÷3万件=24日。。。
どこの封入業者も給付金で忙しいだろうな。
以上
 

いま話題のニュース

PR