TOP > 社会 > 京都市京セラ美術館副館長ら6人をけん責処分 職員の無免許運転逮捕で京都市|社会|地域のニュース|京都新聞

京都市京セラ美術館副館長ら6人をけん責処分 職員の無免許運転逮捕で京都市|社会|地域のニュース|京都新聞

13コメント 2020-05-12 11:33 | 京都新聞キャッシュ

京都市は11日、市京セラ美術館(左京区)の職員が道交法違反(無免許運転など)で懲戒免職処分になった問題で、労務管理が不適切だったとして、同館副館長ら幹部6人を厳重文書訓戒などのけん責処分としたことを明らかにした。処分は4月30日付。市によると、元職員は同美術館のリニューアルオープンに向けた準備を担当。今年1月、道交法違反で府警に逮捕されたのに伴って市が調査したところ、業務用...

ツイッターのコメント(13)

2020年5月12日、京都新聞のニュース。
新型コロナウイルスのおかげで京都はろくでもないのが事前に処分できて不幸中の幸いかもしれない。これは氷山の一角かもしれない。-ya
だいじょうぶ? 懲戒免職ってずいぶん重い処分だ
【市京セラ美術館(左京区)の職員が道交法違反(無免許運転など)で懲戒免職処分】
無免許運転職員もアカンけど上司もアカン。«業務用パソコンの使用時間が頻繁に午前0時を超えるなど長時間労働がうかがえる事態が発覚した。市は労働時間を適正に把握できていないとして副館長ら直属の上司3人を処分したほか、文化市民局長ら3人を文書厳重注意とした。»
相当余裕のないスケジュールでリニューアルが進んでたんじゃねぇかな
京セラ美術館の職員が道交法違反(無免許運転など)で懲戒免職処分になった問題で、労務管理が不適切だったとして、同館副館長ら幹部6人を厳重文書訓戒などのけん責処分としたことを明らかにした。
京都市京セラ美術館副館長ら6人をけん責処分
無免許運転も驚きだが、美術館も緊縮による長時間労働の犠牲になってるんやなぁ…という慨嘆

>業務用パソコンの使用時間が頻繁に午前0時を超えるなど長時間労働がうかがえる事態が発覚した。
処分事由は無免許とは直接関係ないので見出しが少し不適切では。あと、人が足りてないんだろうなあ。
いろいろ闇のあるニュースやないか
ほんとうにほんとうに、ガラッと変えないとね。"でも""だって""そういうもん"をまず捨てて。これをテーマに美術館で企画やってもいいくらい。

 職員の無免許運転逮捕で京都市|社会|地域のニュース|京都新聞
ネーミングライツ導入の施設で不祥事の際、施設名をそのままネーミングライツ込みで報道されるのであれば、ネーミングライツも良し悪しだよねぇ。
職員の無免許運転に対する処分ではなく、道交法違反の捜査で露呈した、長時間労働など労務管理の不徹底に対する処分。ネーミングライツを買ってしまったので、不祥事のときにも社名が出てしまう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR