TOP > 政治・経済 > 商店街の全組合員に一律20万円支給 イベント費などから捻出、京都の商店街振興組合|社会|地域のニュース|京都新聞

商店街の全組合員に一律20万円支給 イベント費などから捻出、京都の商店街振興組合|社会|地域のニュース|京都新聞

16コメント 2020-04-18 07:32  京都新聞

修学旅行生や外国人観光客が京都土産を買い求めることで知られる新京極の商店主らでつくる新京極商店街振興組合(京都市中京区)は、新型コロナウイルスの感染拡大で、業績が悪化している全組合員に、一律20万円の...

ツイッターのコメント(16)

新京極商店街、イベント費などから捻出して、20万円支給される。
修学旅行もインバウンドもないですもんね。
動きも早くてびっくり。

そして、何より、明治5年から商店街が続いていることにさらにびっくり。
新京極やるやん👍🏻
こーゆー商店街どんどん増えるよね。結局国なんもせんやないかってなるよね。
こちらも凄いですね!
京都は府も市も何もしてくれないから新京極商店街は振興組合員が支給、他のとこは勝手にやれと…馴染みの店が心配。
この動き、感の良い商店街では少なからず動いている。もし。フリーズしている商店街なら、もともとフリーズ状態、解散レベル。 / (京都新聞)
ヌシ!!!!!!!
頑張れ!新京極!
今は京都観光に来ないでください。新京極商店街は営業していません。
今、京都に観光に来て、下手したら一生ぶぶ漬けを食べる羽目になるほど呪われるかもしれません。ご注意ください。汗
~外出自粛要請を受けてすでに半数が休業しており、当座の家賃の支払いや生活費などに充ててもらう~
新型コロナウイルス
素晴らしいよね😭
雨の日も風の日も、アーケードがある商店街の方々には感謝。
新京極商店街振興組合(京都市中京区)は、新型コロナウイルスの感染拡大で、業績が悪化している全組合員に、一律20万円の支援金を支給することを決めた。
新京極は自分の学生時代から修学旅行生をはじめ観光客相手の土産物しか売ってなかったから
ここで買い物した記憶が全くないんやけど、たくましく生き残ってるなぁ(^^)v
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR