TOP > 社会 > 大津いじめ、二審も自殺の予見可能性認定 家庭不備指摘で賠償大幅減額|社会|地域のニュース|京都新聞

大津いじめ、二審も自殺の予見可能性認定 家庭不備指摘で賠償大幅減額|社会|地域のニュース|京都新聞

10コメント 2020-02-28 08:01  京都新聞

大津市で2011年に市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは元同級生によるいじめが原因として、遺族が元同級生らに計約3800万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁で開かれた...

ツイッターのコメント(10)

大津いじめ自殺、二審も自殺の予見可能性認定
@livedoornews

関西はいじめを甘く見てる地域なのかな?
賠償金の額じゃないだろうけど、家庭に問題あるって言われるの本当にひどいわ。
「家庭環境が整っていれば回避できた可能性も十分に考えられる」として過失相殺を適用!?

自殺といじめの因果関係を認めた上で、悪質ないじめが自殺に結び付くことは一般的に家庭でも予見可能であるとする異例の判断を下した。
「男子生徒は自ら自殺を選択した上、家庭環境が整っていれば回避できた可能性も十分に考えられる」として過失相殺を適用。賠償額は、遺族側損害の4割を減らすなどにより減額した。

は??????いじめられた側が自殺しないよう対策しろってか????
佐村浩之裁判長ね。よくよく覚えておきます!!
どう言う思考の方ですか?
びっくりしました‼️
この裁判官馬鹿なの!?😡まだ14歳の子供が選ばざる得なかった死を自らの意思だなんて、我が子失った親に子供を精神的に支えられなかったそっちも悪いなんてほんまよう言えたな😠💢💢

 家庭不備指摘で賠償大幅減額(京都新聞)
家庭環境を理由に過失相殺四割はどうなのか?と思うけど、それ以上に、自殺を「自らの選択」と解釈するのはどうなの?自殺対策基本法の考えとは違うが、書面でどう主張したのか?
>「男子生徒は自ら自殺を選択した上、家庭環境が整っていれば回避できた可能性も十分に考えられる」として過失相殺を適用。
???
判決は、「男子生徒は自ら自殺を選択した上、家庭環境が整っていれば回避できた可能性も十分に考えられる」として、過失相殺して賠償額を4割減らすとしているが、おかしくないですか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR