TOP > 政治・経済 > 「教員免許制度も緩和」 働き方改革推進本部が初会合 | 教育新聞 電子版

「教員免許制度も緩和」 働き方改革推進本部が初会合 | 教育新聞 電子版

13コメント 2019-01-29 21:19  教育新聞

 1月25日の中教審答申を受けて設置された、文科省「学校における働き方改革推進本部」の初会合が29日、省内で開かれた。本部長を務める柴山昌彦文科相は「教育課程や教員免許の制度も必要に応じて緩和するなど...

ツイッターのコメント(13)

制度を変えるだけではなく、制度共に教員養成のプロセスの改革の必要性を感じます。教育に求められることが変わるのにもかかわらず、養成課程がなかなか変革されていないと感じる。/
更新制なのに緩和ってバカなの?/ | 教育新聞 電子版
そわそわそわ...
保育士や幼稚園教諭の緩和も絶対必要です。
様々な資格のあり方と権限や給料のバランスを最適化することで、最大の目的である優秀な人材を教育現場に招くことができると思います。
終わっとる。大変悲しいが、日本国終了。待遇を上げず、免許を緩くするということは、きちんとしたトレーニングを受けなくてもいい、レベルが低くても良いということだから。
柴山文科相「学校や教育委員会に任せるだけでは、働き方改革は進まない。教師が教師でなければできないことに全力投球できるように、文科省が学校と社会の連携の起点・つなぎ役としての役割を果たさなければならない」
「1月25日の中教審答申を受けて設置された、文科省「学校における働き方改革推進本部」の初会合が29日、省内で開かれた。本部長を務める柴山昌彦文科相は「教育課程や教員免許の制度も必要に応じて緩和するなど、大胆に見直す必要がある」と述べた。」
まず自腹で受けさせられる免許更新制度廃止しようか?
文科省に新たな動きが…??

>学校や教育委員会に任せるだけでは、働き方改革は進まない。教師が教師でなければできないことに全力投球できるように、文科省が学校と社会の連携の起点・つなぎ役としての役割を果たさなければならない
コロコロ変わると、信頼がおけなくなります。
やっと出ましたか。前進するよう期待します。
柴山昌彦文科相は「教育課程や教員免許の制度も必要に応じて緩和するなど、大胆に見直す必要がある

って、免許更新制度があるなかで緩和って、意味わかんないんだけど?
なんか購読会員が読めるところにヤバイこと書いてありそう
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR