「英語教育より国語教育の強化を」 野依氏、藤原氏ら提言 | 教育新聞 電子版

24コメント 2018-09-18 21:09 教育新聞

有識者有志でつくる「国語教育問題懇談会」(愛甲次郎座長)は9月18日までに、初等中等教育における国語教育強化への提言をまとめた。「英語教育より国語教育の強化を」と求め、▽漢字教育の抜本的見直し▽敬語、...

ツイッターのコメント(24)

妥当です。科学の基礎も読書習慣と文章から。とくに知的中間層のカタカナ語による分断は言語政策上、看過できない。>
@教育新聞 電子版さんから 「氾濫するカタカナ語の漢字熟語化」の読解に少し時間を要した
英語教育より、まず、国語をしっかりせないかん、というのはよくわかる。国語がちゃんとわかっていれば、数学も「ああ、そういうことか」と、高校の数1で体験。河谷先生に感謝。
イマドキの若者
語彙も不足しているけど
長文読解となるとお手上げかなぁ?子どもたちが小学校高学年だった15年程前
国語の家庭用教材って漢字ドリルばかりだったのには
閉口したけど…(末っ子はディスレクシア)
下線部の筆者の気持ちより、家電の取説がきちんと読めるとか、簡単な論文を要約できるとか、そういう読解力の伸びを期待したい / “ | 教育新聞 電子版”
なんで日本人は語彙にこだわるの? そうじゃないと思いますよ、私は。
英語教育より「言語教育」が大事なんです。表現力の徹底的な強化でしょ、大事なのは。
漢字?違うんじゃないかなあ?
@教育新聞 電子版さんから
僕のその通りだと思う。英語はもちろん確かに大事なのだけれど、もっとずっと母国語が大事なことに誰か偉い人は気付くべきだ。
@教育新聞 電子版さんから
なんだ、少しは気付いている人もいるんだ。
 
PR
PR