尼崎市職員カミングアウト巡り退職 幹部、LGBT「私的な悩み」と表現 かみ合わぬやりとり数十分|総合|神戸新聞NEXT

22コメント 2021-12-30 08:15 神戸新聞

ツイッターのコメント(22)

「彼女は?」「結婚は?」とそちらから聞いておいて正直に性的指向を話した職員に更に「男同士はどうやってやるの?」と深堀したあげく、後から困惑したなどと苦情を出す市民団体、クレイジーな団体から職員を守らなかった上司である幹部。
ふざけるなと言いたい。
2021年、この話題が一番酷い。セックスの事あからさまに聞かれるなんて、そりゃ辞めるわな。
市長まで話が行ってるんかな、あの答弁も酷い。

神戸新聞NEXT | 総合 |
短い記事では背景わからんけど、老害にならないようにしたいな
知識、経験で価値観がガチガチになってくんだろうけど、常日頃から寛容、多様性の尊重を意識せんとダメになっていくな、と体感し始めてきた。
「団体の女性に「彼女は?」「結婚は?」と何度も聞かれ、話を終わらせたくてバイセクシュアルだと答えた。「(性行為を)どうやってやるの?」とも質問された。」
ハラスメントを超える異常なNPO団体😱
処分されるべきはNPO団体では💢
聞いて困惑する気持ちもわかるけど、
「彼女は?」「結婚は?」と聞く方も聞く方ではないか、と思うのだよね。

>神戸新聞NEXT | 総合 |
以前より踏み込んだ記事がでたね。
市民団体→動物愛護団体
男性は「性的指向は悩みではない」と訴え、悲観的に捉えられるのはおかしいと反論。

経過を読むと男性がかわいそうに思えてきた。
「公務員だからこそ、差別的な言動には毅然(きぜん)としないといけないんじゃないですか。恥ずかしいことではないと示すべきではないですか」
絶対に正しい。
神戸新聞
「私的な“悩み”」なんて決めつけるのはおかしいよね。もし自分がそういう立場に置かれたら、この退職された方と同じ行動を取ったと思う。

『尼崎市職員カミングアウト巡り退職。幹部、LGBTは「私的な悩み」と表現。かみ合わぬやりとり数十分』
幹部「それが私の公務員としてのポリシー」

この記事における幹部にとっての「公務員」と、当事者にとっての「公務員」。どちらがあるべき姿か。自分はどちらを支持するか。
そんなクレームほっとけばいいのに無駄なやる気出してんじゃないよな…
兵庫県尼崎市の件。幹部は職員に「誰にでも悩みはある」と問題を矮小化、「私が重病で借金があっても言わない」とすり替え「(自由に)好きな人を選ぶのはいい」が、性的マイノリティーであることは「言うべきでない」と尊重するフリを見せて個人に問題の責任を押し付け排除。→
『幹部に直訴した団体の女性に「彼女は?」「結婚は?」と何度も聞かれ、話を終わらせたくて』
【くま】ひとのぷらいべーとにふみこむだんたいめいとは
「結婚は?」「彼女は?」ってそっちから聞いておいて「バイなので」って返答したら「LGBTの概念は市民にまだ浸透していないので勤務中に私的な発言は慎むべきだ」って、普通にブーメランなの、わからないのかね?🤔こういうの読むと差別無くなるの100年先だなぁと思うわ。
稲村和美市長は、今回の問題について「市民から看過できない発言や対応があったなら許容、助長してはならない」と強調。
かみ合わぬやりとり数十分|神戸新聞 ←「(幹部は)、こう返した。「それぞれの立場で好きな人を選ぶのはいい。ただ性的マイノリティーというのは、私の中では『言わないこと』に入ると思った」」
≪(尼崎市保健所の幹部は)「公務員として仕事以外の発言は慎み、言葉を選ぶ勉強をしてほしい」と求めた。その後、「誰にでも悩みはある」と前置きし、「例えば、もし私が重病でも借金があっても相手がいろんな感情を抱くようなことは聞かれても言わない」という趣旨を伝えた≫
苦情と言う名の個人攻撃なのか?わからないな。これだけでは。
「ほとんどは根拠が定かでなく、団体と男性の説明は大幅に違った」内容の文書を市に送付した動物愛護団体と、性的指向を「もし私が重病でも借金があっても相手がいろんな感情を抱くようなことは聞かれても言わない」と「私的な悩み」になぞらえた市幹部と。そら絶望するわな。
幹部、LGBT「私的な悩み」と表現 かみ合わぬやりとり数十分|神戸新聞

苦情を入れた動物愛護団体も胡散臭い…
以上
 
PR
PR