神戸新聞NEXT|総合|新型コロナ病院内クラスターはなぜ起こったのか 調査報告から見えた構造的問題

11コメント 2020-08-07 20:32 神戸新聞

 神戸市立医療センター中央市民病院の新型コロナウイルス院内感染に関する報告書の概要 ■院内感染の概要 3月3日に神戸市内で初めて新型コロナウイルス患者が確認され

ツイッターのコメント(11)

せん妄か。これは防御のしようがないだろう。これを防護しようと思ったら薬物ないしは完全な身体拘束で抑え込むしかないがそんなこと許容されるはずがないからな。
〈患者が発熱に伴って「せん妄状態」となり、ベッドから起き上がって徘徊し、床に排尿したりといった行動を繰り返す中で、防護に破綻が生じた可能性がある〉→新型コロナ病院内クラスターはなぜ起こったのか 調査報告から見えた構造的問題(神戸新聞NEXT)
院内感染の調査報告   コロナ病棟のある大きな病院でも防げなかった
これは病院だけでなく介護施設でも起こりうるので、要注意。市民生活においては、また布マスクなどを使うことにならないとも限らないね。
この中央市民病院の報告はわかりやすい。ただ、コロナウイルスの感染力は強いのはわかるが、インフルエンザ以上なのだろうか?
覚知後の改善策
≪コロナ患者の診療にあたった医師や看護師が、非感染患者の診療に戻る際は、自宅待機期間を挟むこととした。患者の申し送りなども、方法や場所を工夫して「密」にならないよう注意喚起。患者にもマスクを装着≫
始まりはせん妄😢

しかしここまで徹底して調査・対応できる体力のある病院はないぞ…

新型コロナ病院内クラスターはなぜ起こったのか
神戸市立医療センター中央市民病院の新型コロナウイルス院内感染に関する報告書の概要
「せん妄状態」となり、ベッドから起き上がって徘徊しようとしたり、床に排尿したりといった行動を繰り返す中で、防護に破綻..可能性

N95不足もあるようだ。原本探索中
以上
 
PR
PR