TOP > 科学・学問 > 神戸新聞NEXT|三田|絶滅危惧種「ニッポンバラタナゴ」 三田のため池で発見

神戸新聞NEXT|三田|絶滅危惧種「ニッポンバラタナゴ」 三田のため池で発見

13コメント 2020-07-12 12:54 | 神戸新聞キャッシュ

 川から池に引っ越していた!? 兵庫県立人と自然の博物館(三田市弥生が丘6)や三重大学はこのほど、九州を除く全国の河川で絶滅したとされる日本固有の淡水魚「ニッポ...

ツイッターのコメント(13)

三木町役場の水槽でたくさん泳いでるよニッポンバラタナゴ。
「三田市内の別のため池で発見の報告があったが、数年後に絶滅したとみられる。今回は個体を保護しながら調査を進めており、具体的な地名も明らかにしていない」なぜ明らかにしないのか、研究者とメディアの間に理解があることを示す大事な一文。本気度が伝わります。
ニッポンバラタナゴがため池にいたのは人為的放流じゃないの? あるいは食糧難時に放ったドブガイからタナゴの卵が孵ったとかね。
タナゴにしろドブガイにしろ違う場所に放ったら国内外来種になる。しかしそのおかげで絶滅から免れたってことでしょ、この例は。
神戸新聞NEXT | 三田 |
今は非公開で保護活動を進めているが、如何にしてより多くの関心を高め/引き付けて正確な情報等を行き渡らせ、活動を円滑に進めていくのかが今後の課題ではと俺は思う。
・近年はため池でも、人が放ったブラックバスやブルーギル、コイ、フナに食べられたり、愛好家が乱獲したりして危機にさらされている
「ほぼ」ってどれくらいかな。
九州除く全国の河川で絶滅の淡水魚「ニッポンバラタナゴ」 兵庫のため池で発見

小さいころは居てたんかなぁ…🙂
三田は何度でもよみがえる
以上
 

いま話題のニュース

PR