TOP > 社会 > 40人対10人、公園で乱闘事件 原因はインスタ生配信中のコメント|事件・事故|神戸新聞NEXT

40人対10人、公園で乱闘事件 原因はインスタ生配信中のコメント|事件・事故|神戸新聞NEXT

87コメント 2020-10-26 21:24  神戸新聞

 神戸市中央区内の公園で若者約50人による乱闘があり、兵庫県警少年課と神戸水上署は26日までに、男子大学生を殴るなどしてけがをさせたアルバイトの少年(17)=神

ツイッターのコメント(87)

この事件を今更知ったんだけど,きっかけとなった原因は最近っぽいけど,やってることが現代とは思えないアホらしさ.
こんなん乱闘事件今でもあるんやな
なにこの代理戦争。
チープやな。
虚構バーチャルとリアルが乖離してない点は健全に思えてしまう今日この頃。
40人対10人、公園で乱闘事件
神戸市中央区 > それぞれ無料通信アプリ「ライン」でつながる仲間に声を掛け合い、公園に集まり40人対10人の乱闘になったという。
昔は、大人数が他校に乗り込んで乱闘騒ぎとかありましたが、今はインスタ生配信から始まる喧嘩なんですね。(・・;)
差手此れっ的KUROねぇ〜犯罪被害事実上脳ねぇ〜御馬鹿野朗ねぇ〜阿保野朗ねぇ〜🤣🤣❌🤣🤣🤣❌ねぇ〜何百済駅🚉🦆🦁警察署本部❌🤣❌脳ねぇ〜女脳❌ねぇ〜御🌻何❌ねぇ〜来れば君❌ねぇ〜🤣🤣🤣
どんなんwwww
すごい乱闘で笑うわ

実際に集まってるだけネットだけでしかなにも言えない奴とは違うな

もちろん喧嘩はあかんけど…笑笑
う〜む、これは、ツッコミ所が数多くある事件やね。乱闘のきっかけも、規模も。今は昔…
50人規模の乱闘とか加瀬あつし作品でも数巻に1度くらいしか見ないレアイベントじゃん。

40人対10人、公園で乱闘事件  - 神戸新聞
バカVSバカ
でもこういう人種もいないと社会は成り立たないのだろう
全員が東大に行けたら社会は滅ぶ
馬鹿が馬鹿の中で騒いでいる限りはそう目くじら立てることもなさそう
ちゃんと実際にやり合うのか

ただ文句ある同士の一対一でやろうね
心温まるニュースですね('A`)
原因も過程も結果もよくわからない
ケータイがなかった頃に仲間を呼んで乱闘するとき、どうやって呼んでたんやろ
家電かな
時代を感じる
よく集まったもんだな
野次馬としてでも行きたくないようなもんなのにw
こういう事件もっといっぱい起こって欲しい
現代らしい
「 原因はインスタ生配信中のコメント」 なんかもう昭和かというような加齢臭ただよう内容に対し報道が必死に「インスタ」「ライン」といったワードを絡めようと必死で努力しててほほえましいので「ツイッター」で言及してあげたい。
令和ヤンキーしぐさ
乱闘は配信しなかったのかよ
神戸新聞にタイトルだけで笑わされる日が来るとは。
ろくでなしブルースの世界?
40人も集めるとかダサすぎて草
なんか…、時代や道具は進んでも人間は進化しないんだなぁ…。
すごい!
昔の不良マンガみたい!
昭和時代の出来事の様
チェーン持って振り回してた昔を思い出すなぁ…
なんでサシじゃないん?(゜ロ゜)?
集められた友人達もいい迷惑やなŧ‹"((。´ω`。))ŧ‹”
室町時代なら双方の上の立場の人間が出てきて更に激化しそうと一瞬思いました(「喧嘩両成敗の誕生」という本には室町時代は揉め事から結構な規模の衝突になるという話がよく出てくる)
若さあふれるリアルオンライン対戦
令和なのか昭和なのかよくわからない世界だな
SNSで「こ○すぞ!」発言はダメやろ?
Twitterなら即BANアカウント凍結。サイバー犯罪対策課の発信捜査で即逮捕だろう。
以前から言てるが、所詮LINEなんて朝鮮人が諜報活動につくったアプリゆえ、犯罪発生の温床となってるのだ。危機感ない頭の悪い日本人大学生逮捕乙ww
そんなんやるから
将来廃止を検討とかありえるんだよね
これは平成初期と令和初期が混じっておる話
乱闘に40人集めれるやつってすげえよな!
10人でもすげえよ。

俺が企業ならそれぞれ集めたやつをリクルートするわ。
営業マンだわ。
また、神戸(兵庫)か。どうなっとんのじゃ?
全員顔知らないと、味方 (?) を殴りそう。指先だけで格ゲーやって悦に浸ってるんじゃね、こうでなくっちゃ。
わんぱくやなーと思ったら大学生やったんですね😅
“被害者の知人が、交際する女性と遊ぶ様子を動画に撮って写真共有アプリ「インスタグラム」で生配信中、視聴者の女性が投稿したコメントを不快に感じ、「殺すぞ」と発言。それを見た視聴者の女性の友人男性が立腹し、大学生らとトラブルになった”
楽しいことしとるやんけ。大学生
今どきの乱闘事件
配信中のコメントから
このニュース…なんか意味不明だぞ💧
結局は浮気云々…って話か⁉️
もっと見る (残り約37件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR