「差別なくす姿勢、シールで『見える化』」「職員に研修を実施」 LGBT指導問題で尼崎市長会見|阪神|神戸新聞NEXT

3コメント 2021-12-20 22:01 神戸新聞

ツイッターのコメント(3)

←「定例会見で「多様な性を理解していこうとする最中の出来事で、今後繰り返すことがないよう取り組む」と述べた。
 会見での主なやり取りは次の通り」
尼崎市幹部がLGBTの男性職員(退職)に対して公務中のカミングアウトを控えるよう指導した問題で、稲村和美市長が記者の質問に答えました。
一問一答を掲載。
コミュニケーションスキルの問題か?
職員が「市民団体」とやらから受けたのは明確なヘイトだろう。
以上
 
PR
PR