TOP > 社会 > 差別まで引き継ぐのか | カナロコ by 神奈川新聞

差別まで引き継ぐのか | カナロコ by 神奈川新聞

ツイッターのコメント(24)

有料だが、この記事はたくさんの人に読んでほしい。
日本の民主主義を考えれば、この数年で確実に後退している。この記事は差別という尺度でそれを測っている。他にも国会軽視、行政組織の崩壊等々。それを進めた一人であり、継続すると宣言している新首相だということ。
とことん無能な望月記者に粘着される気持ち悪さが理解できないとは、一体どこの国の人間だろう。
>
追従して笑う。
会見を取材するメディアの記者たち。
笑いを誘って同調させる。
オジサマたちの懇親会で共通のターゲットをディスり仲間内で追従して笑う。
これはコメディではない。学校や会社でのいじめの本質。
そもそも引き継げるものなんて差別だけでしょ。
件の質問だって、くだくだ自分の意見をしゃべっていただけだったが。>
政治家の記者会見での記者への対応は、そのまま自分に対する物だと感じる。自分が大勢の前で男尊女卑的に辱めをうけた気持ちになる。特に総理大臣は国民全員に平等に仕える職だから、国民すべてに敬いのある誠実な対応をお願いします。
あれ、質問じゃなくて自分のいいたいことぶつけてるだけだもん。www
ううむ、何だか…
菅義偉がメディアに好かれていないのはこの記事にある会見の風景でもわかる。
提灯記事で有名な毎日新聞の秋山信一にもろくろく開示しないで反撃記事書かれていた。
対応の悪さが前面に出過ぎている。
あの望月記者の要領を得ないだらだら質問を擁護するんかw
女性記者が質問を始めるや、せせら笑う菅氏
女性記者が質問を始めるや、せせら笑う菅氏の姿をニュースサイトの動画で確かめることができた。続く問いに菅氏はいらつきを隠そうとせず、進行役を任せた県内選出の国会議員に質問を切り上げさせようとしたのだった。
「菅義偉氏を首相にしてはならない。」

論説とはこう書かれなくてはならない、というような書き出しである。

我らが神奈川新聞さん
「時代の正体・菅政治考」に期待する。

初回は川崎総局編集委員・石橋学さん
「差別まで引き継ぐのか」
この政権に踏みにじられた者の思いを代弁している。まだ日本にもジャーナリストがいることを確信できた。
いやいやいや、もし本当に安倍政権が差別していたら、日中韓FTAもRCEPも決裂ものなんだけどねぇ。

自由貿易協定や経済連携協定が順調に進んでいる時点で『差別は引き継いでない』だろ。
つーか逆に安倍政権から引き継げるものなんて、差別しかなくない?疑惑まみれで、外交も経済もダメなのバレて、最終的に残ったのって、中韓バッシングとマイノリティ差別を支持する人間のクズみたいな連中ばっかりでしょ。
“女性記者が質問を始めるや、せせら笑う菅氏の姿”

女性蔑視の権化・菅首相
女性記者が質問を始めるや、せせら笑う菅氏の姿をニュースサイトの動画で確かめることができた。続く問いに菅氏はいらつきを隠そうとせず、進行役を任せた県内選出の国会議員に質問を切り上げさせようとしたのだった
「まつろわぬ者への見せしめはそのまま繰り返された。あからさまな見下しと一連の振る舞いは、質問の仕方や記者自身に問題があると見る者に思わせ、言い逃れを許すまいと熱意を込めた追及を無効化させるものだ。なるほど回答はひどいものだった。」
政治家とは国民から選ばれた代理人。
スガさんは、国民の代わりに質問するジャーナリストをこけのように扱う。不都合な問いに応えてこそ代理人ではないでしょうか。
安倍総理辞任劇は菅氏が引導を渡した形だ。安倍政権は最初の内はまだ株価を上げたり日米関係の親密さを深めていたが、コロナ対応で拙さが目立ち政権維持が危ぶまれてきた。菅氏は自分のやりたい政策が頓挫するのを恐れたのだ
神奈川新聞の心ある記者は負けてないな。>
石橋学氏の寄稿。差別も国策となった訳だ。→
「まつろわぬ者への見せしめはそのまま繰り返された。…」

「まつろわぬ者」といえば奇しくもエミシ(蝦夷)、東北の民も大和政権にとってはそうだったな。
差別され虐げられたものほど権力に執着するのだろうか。
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む
PR