TOP > 社会 > ワクチン、どう配分する 神奈川の供給量は高齢者数の1% | カナロコ by 神奈川新聞

ワクチン、どう配分する 神奈川の供給量は高齢者数の1% | カナロコ by 神奈川新聞

新型コロナウイルスのワクチンを巡り、神奈川県は4月から始まる高齢者向け接種のため、市町村へのワクチン配分の意向確認を始めた。ただ、国から示されている県全体の供給量は、4月19日の週までで約2万人分。6...

ツイッターのコメント(11)

ワクチン足りない❗️高齢者や自病のある人は感染重症度が高い❗️早い接種を望んでいる!日本政府のワクチン対策に高齢者の命がかかっている。
どうにもならない😑
国から示されている県全体の供給量は、4月19日の週までで約2万人分。65歳以上の高齢者は県内で約231万人に上り、供給量はその1%
1%じゃ配分もクソもないだろう。
ワクチン接種の優先順位というか考え方は
日本国内で広く知らしめて
早めにコンセンサスを
得ておいた方がいいと思うな。
混乱して、マスコミが自分勝手な議論を始めてしまう前にね。
高齢者数の1%分!
打つ打たないで悩む必要無し。多分上級国民にくすね取られて終わりだな。
"国から示されている県全体の供給量は、4月19日の週までで約2万人分。65歳以上の高齢者は県内で約231万人に上り、供給量はその1%にすぎず、計画の見直しを迫られる自治体も"

なかなか…

初めての事で現場の混乱も。
例えば先程も少年野球連盟の理事会で北部公園の駐車場がいっぱいになる事を想定して杉本小の校庭の駐車場利用の議論があった。そこまで駐車場は使わないのかも分からない。
国から示されている県全体の供給量は、4月19日の週までで約2万人分。65歳以上の高齢者は県内で約231万人に上り、供給量はその1%にすぎず、計画の見直しを迫られる自治体も出てきそうだ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR