慰安婦映画「主戦場」、上映中止 共催の川崎市が「懸念」 | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

川崎市麻生区で27日から始まる「KAWASAKIしんゆり映画祭」で、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」の上映が一度は予定されていながら中止となったことが25日、分かった。映画の一部出.....

ツイッターのコメント(65)

この記事にもはっきり川崎市が映画祭に「懸念」を表明した経緯が示されてあるが、なぜ文化振興室は今になって「選定に文句を言ったことはない」などとシラを切るのか。
慰安婦映画「主戦場」 上映中止


あいちトリエンナーレの「表現の不自由展」と似た構図だと述べた上で、「歴史認識が絡んだ表現活動が取りやめられることに慣れてしまっている社会が怖い」と危機感を示した。
巻き添えくらって訴えられるのやだもん。懸念するよな、ふつう。

| 社会 | カナロコ by 神奈川新聞
「東京裁判」の時、名だたる映画人、専門家の皆様はなんとおっしゃってましたっけ?
実際にこの映画を見てすごく考えさせられたこともあり、上映中止は残念。
市からの圧力で有り、忖度でしか無い。「主戦場」はちゃんと、慰安婦否定派のインタビューをちゃんと乗せているのに。----
あの 衆院議員の雄姿がたくさん見られるのにもったいない 安倍首相のお気に入りで先の衆院選で中国ブロック比例単独1位の杉田議員 中国地方の有権者のみならず彼女のファンも必見の作品なのに
「慰安婦映画『主戦場』、上映中止 共催の川崎市が“懸念”」(神奈川新聞191025)
「2008年の同映画祭では右翼の妨害で上映中止が相次いだ作品[『靖国』を上映している。それから11年、“公金を口実にした権力の介入と自己規制のバイアスは強まっている”と受け止める」
川崎市は共催として、
約1300万円の費用のうち約600万円を負担している。
この映画すごくテンポよく出来ていて刺激的だし、慰安婦問題や日本会議についての見聞も広めてくれる良作。
この騒動をキッカケに観る人が増えれば良いのだけれど…。

| 社会 | カナロコ by 神奈川新聞
 
PR
PR