TOP > 社会 > 中州にキャンプ客18人孤立 決死の救助 激流に阻まれ | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

中州にキャンプ客18人孤立 決死の救助 激流に阻まれ | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

66コメント 登録日時:2019-08-14 07:32 | カナロコ(神奈川新聞社)キャッシュ

中州でキャンプをしていた行楽客が増水した川に流され、13人が死亡した山北・玄倉川水難事故から14日で20年になる。当時、現場に最初に到着した足柄上消防組合(現・小田原市消防本部)の救助隊員たちは現......

Twitterのコメント(66)

被害者たちが極めて軽率だったことは間違いないが、死者を声高に非難する習慣はこの事件から始まった。その意味でネットや日本の言論のあり方を変えたできごとだったと思う。
知らなかったからネットで調べてみたけど…人の話は素直に聞く、そして早めに避難の大切さがよくわかったよ。
こ、これは読んでて辛い…
20年前の水難事故の話題がTwitterでよく流れてくるけど、救助する人の心にも傷を残すんだな・・・と改めて感じる
20年も前なのか。絶対に忘れてはいけない水難事故だ。「どうしたら救えたか」救助隊員はやれるだけのことをした。でもここまで同情されない犠牲者も珍しい。

【山北・玄倉川水難事故20年】
DQNの川流れ(;,;;  ิ;;◞౪◟;; ิ;))
水難事故っていうと真っ先にこれが思い浮かびます。救助側の思いは自己責任では片付けられないほど重い。
幼い子どもの命まで巻き込む事だけはしてはいけない事
だと思います。

非難されることは致し方ない事件。

自分自身もより一層身の回りの人たちの事を考え、軽率な行動は控えるようにしなければとおもいます。
20年前からDQNは変わらず、必ず救助費用満額請求してね!!
DQNの川流れと呼ばれる玄倉川水難事故について。20年前。
大分のがシチュ的にいくつか重なるとDQNの川流れがトレンド入りしてますが、救助隊の苦労をだけでなく、警告を何度も無視したことも伝えたいですね。しかしDQNの語源知ってる人、かなりなインターネッツ老人会ですよね
玄倉川水難事故を扱ったこれ記事、これ出たの昨日なのよね。
今でも要救助者の問題行動に一切触れず、悲劇を繰り返さないためマスメディアに何ができるかって視点が欠落してる。
事故当時の報道、推して知るべし。
20年前の事故について書いた昨日の記事。
20年後の同じ日に大分で同じような事故が起こってるけど、今度こそちゃんと救助費用の一部くらいは請求したほうがいいと思う。
玄倉川事故から20年も経ったのか
下記20年前の事故と同じ日、同じ人数で今度は大分で同じようにバーベキューに来てて救助要請・・・。
/
神奈川新聞は「熊射殺苦情100
件」「DQNの川流れ」に便乗して20年前の記事引っ張り出して来たか?
//
20年前の事故の件が昨日記事になっていたのに、また繰り返すとは・・・
これか、なんとなく記憶にある…

救助にあたった人は相当大変だったろうし 無念だろうな…😢
この人達は、今回のニュースを見て複雑な思いでしょうね。

救助隊員たちは現在も救助の現場で汗を流しながらも、遠い夏の救えなかった命について自問自答している。
さっきツイートしたこれ、
今日で発生からちょうど20年だったのね
中洲に18人孤立…なんか聞き覚えのあるなと思った…
この事件に関してはクズしか居なかったから情けもなにもないわ
【山北・玄倉川水難事故20年】

この災害は鮮明に記憶に残ってるなあ。
この時は、大学時代の友人たちと、いわきのゴルフ場に一泊でラウンドしてた。
家に帰ってきたら、このニュースが流れてた。
20年前なんだね。
もう玄倉川水難事故から20年とは
これ、救助隊員が悪いわけじゃなくて何回も注意されたけど動かなかった人達が悪いだけじゃん。なのに未だに隊員は悔しい思いしてるんだね。
あれから20年か。
白良浜海水浴場遊泳禁止のはずなのに中高生くらい?のDQN5人程が海に入り遊んでる映像が朝の情報番組のLIVEカメラに映っていたが、こういう馬鹿でも流されたら命懸けで助けにいかないといけないと思うと救助隊員も大変ですね。
山北・玄倉川水難事故20年

いろいろな意味で救いようのない事故だった。
あんな人間たちでも救えなかったことを20年間自問自答し続ける人もいる
申し訳ないが、完全に「自己責任」。むしろ、救助作業に掛かった莫大な費用を、遺族はきちんと支払っているのか知りたいです。
//傍は割に勝手な事言ってるけれど(文字通り無責任だからね)、救助の現場の人達は今でも助けられなかった命としてずっと残るのだろうと思うとやり切れない。
特に大人の責任で落ちた子供の命は…。
救う価値ないなんて言ったら元も子もないし、救助側が後悔する事でも無いが、まあ目の前で命が消えるのを静観出来る人なんて居ない論で言えばね・・・
救助方法の模索はいいかと思いますが、この事故そのものを自問自答しなくてもいいんじゃないでしょうか、、、 >>>
川に13遺体ものごみを流してはいけない
という環境問題への教訓でしたっけ?
玄倉川で起こった水難事故からもう20年も経つのか。本当に悲惨な事故でテレビで流れていた映像は今でも覚えている。
「DQNの川流れ」から20年か。これからもコイツら18人のDQNをコケにしまくることで水難事故から身を守れる人間が一人でも増えたら幸いだなw
退去しろって警告を無視して
ってところが大事なんじゃ?
この事故完全にDQNの川流れだったよね。
いくら警告されても戻らなかったし、逆に警告した人を罵倒してた有様。
言いたくないけど死んで当然の人間だったと思うな。
もう20年ですか。
あの時、必死で赤ちゃんを岸に投げた
親御さんがいました。その子は、もう大人になってるんですね。
この事故の後も台湾で似たような事故があったり、川沿いのハイキングで鉄砲水で流される事故があったりしたので余計に川に近付かなくなりました😓
これはキャンプ客の自業自得。
玄倉川水難事故、20年前の事故だけどYouTubeにもあげられてて昔見たけどこれほど自業自得って言葉もないよなぁってやつよね…。子供はかわいそう。
この事故の教訓は、人の忠告は素直に聞きましょうとしか言えない。
巻き添えになった子供が可哀そうな事故だった。
救助隊の人が責任を感じることはない。
思い出した!!

| 社会 | カナロコ by 神奈川新聞
玄倉川水難事故から20年。 もう20年経ったのか。
今回の記事には書いてないが流されたのは何度警告されても全く耳を貸さず、
関係者に罵声を浴びせて追い返した連中。
DQNの川流れね。自問自答するならなんでこんなDQNを5人も助けてしまったのかをすべき。助けるべきではなかったんだよ。
この時ISDNテレホーダイしてWebチャットで事件の話してたわ。懐かしいなあ。
DQNの川流れから20年か。
平水でもウォーターレスキューは大変なのに、あれだけ増水して荒れ狂った川での救助はな・・・
これ、当時の動画が上がってるけど川でキャンプやって流される方が悪いし同情なんか出来ないよ。
もう20年前のことだから美化されてるけど、
・警告を無視
・初期段階の救助拒否
で、一夜明けて事の重大さに気づいて「助けろよ!!」だからね
(この間全部飲酒)
神奈川県民の恥。
これホント子供が巻き込まれてしまったことだけが悔やまれるというか腹立たしいんだよな。
この事故は・・・再三の警告も無視して中州に居座り続けたほぼ自業自得な事故だからなぁ・・・。大人に巻き込まれた子どもはかわいそうだけど。
何この記事!?取り残されたのが普通の一般人みたいな書き方してるけど全然違うだろ!救助隊員にトラウマ植え付けるなんて、あの世に行ってまでも迷惑かけるDQN共が。
あれから20年。当時僕は小学校の2年生で、途轍もない大騒動だったことを覚えています。

何事もご安全に、ということを考えます。
自然を舐めてはいけない好例として有名な「DQNの川流れ」こと玄倉川での事故というか自殺行為から20年経ったらしい
今一度防災意識を高めたいところ
20年も経ってるのに未だに同情が集まらない事故。
管理者や消防の警告を無視・嘲笑したために起きた事故。関係者は後悔するくらいなら強制退去を可能にする法整備を進めるべきじゃないかな?
地元の人の警告も無視し、水の恐ろしさを舐めたんだから起こるべくして起きた事故。救助隊には同情するけど、犠牲者に対して同情できる人間って少ないだろうね
山北町の玄倉川の水難事故、もう20年も前になるのか。
当時は、ゲリラ豪雨なんていう単語はなかったようなぁ。
消防無線はアナログの時代でした
。『当時、現場に最初に到着した足柄上消防組合(現・小田原市消防本部)の救助隊員たちは現在も救助の現場で汗を流しながらも、遠い夏の救えなかった命について自問自答している』やるだけやった。気にするな!
川でキャンプするなら最短距離の脱出ルートをまっさきに確認してから場所取りをする。それもしない、まして中洲なんかとんでもない。
一体どんな知識を得てアウトドアをやるのか。
親がアホだと子供は死ぬ
痛ましい事故だったけど救助隊の人が悩み続けることはないと思う。二次被害がなくてよかった

 激流に阻まれ・玄倉川水難事故20年
リアルタイムで見てた人間としては、子供は百歩譲って分かるとしてもそれ以外は全員「こんな奴ら救助する価値もないから放置して流されろ」と思ってましたね。
それくらいこいつらは醜悪だった。
「救助隊員たちは現在も救助の現場で汗を流しながらも、遠い夏の救えなかった命について自問自答している。」注意を聞かない輩が悪いのに…
以上

記事本文: 中州にキャンプ客18人孤立 決死の救助 激流に阻まれ | 社会 | カナロコ by 神奈川新聞

関連記事